第二回 午前十時の映画祭
みんなのこえ 赤の広場
実施概要 twitter facebook
第二回 午前十時の映画祭TOP

日本語訳について - 「アラビアのロレンス」
  • 1. 日本語訳について
    名前:祐 投稿日:2011/05/22 19:32:23
  • 今年BSで観て、完全版DVDを観て、今回初めて映画館に観に行きました。こういう企画は非常に有難いと思います。

    あえて、気になったところを幾つか。

    まず、字幕が白っぽい背景だと溶け込んでしまい、大変読み辛かったのが残念でした。
    そして、今回の映画の字幕は完全版DVDのものとほぼ同じ(?)かと思いますが、英語の台詞を見る限り少々問題があると感じた訳が所々ありました。

    例えば、前半の終盤、ロレンスがアカバでアリに言った「バカを言うな」という台詞。これはストレートに訳せば「君は無知だ」となり(BShiでもそうなっていました)、その後アリが政治の勉強を始める布石にもなるはずの重要な台詞ではないかとわたしは思ったのですが、この訳では布石の役割としては曖昧でパンチ力に欠けるのではないでしょうか。
    もうひとつ、ダマスカスの夜、アリとアウダのふたりのシーンで最後にアウダが去り行くアリに投げ掛ける台詞「アラブに生まれたということは、辛い思いをしろということだ」。
    これは、台詞の原文を見ても、ストーリーから考えても、今年BShiで放映された際の「“アラブ”であることは辛い道だぞ、ハリト」という訳の方がはるかにしっくりきます。
    部族単位に分かれてバラバラのベドウィン達を、“アラブ”という名の元にひとつの民族としてまとめようという、イバラの道を選んだアリに言っているわけですから。

    上記の2つは特に気になった部分なのですが、出来れば今後何らかの対処をして頂けるよう、期待しています。

    あと、やっぱり直訳の「太陽の鉄床」の方が…。
    「ここが一番熱い」じゃ、あのシーンの効果半減では…?
みんなのこえTOP

Series1/赤の50本TOP