第二回 午前十時の映画祭
みんなのこえ 赤の広場
実施概要 twitter facebook
第二回 午前十時の映画祭TOP

新規話題作成 必ず利用規約を了承したうえでご利用ください。
「エデンの東」の話題TOP

『エデンの東』の投稿

新作映画のつもりで8

新作映画のつもりで8

今回の映画祭で一番楽しみにしていた映画をようやく鑑賞。

ジェームス・ディーンで唯一鑑賞していなかった映画でもあるのでまさに「満を持して」という感じ。

内容は昔のアメリカ映画ならでは、という感じでその世界観にドップリ浸ってしまった。

正にJ・Dの存在があって初めて成立する映画という印象を受けた。

『エデンの東』の投稿

はまり役・・・というか、この映画のために生まれてきたというくらいの演技

はまり役・・・というか、この映画のために生まれてきたというくらいの演技

仕事が忙しく、なんとか(代休取って)最終日に見ました。
いや、やっぱ、映画館で見て、良かった。
もう、キャルはJ・ディーン以外には考えられない。あの孤独さ、寂しさの表情はなんとも言えません。

・・・でも、これでも、アカデミー取れなかったんですね。

『エデンの東』の投稿

懐かしい

やっぱり、映画館で観ないと・・・。

初めて観た中学生の時、シネスコの画面を列車が左(手前)から中央(奥)へ進む場面に圧倒され、ジェームス・ディーンが豆畑を踊るように走るシーンに感動し、映画は映画館で観るべきと教えてもらった作品です。その時は、親と子の対立と和解が描かれてると感じたのですが、就職して改めて観た時、理想と現実の葛藤を描いているようにも思えました。その時々の自分の立場や環境で、映画の感じ方も変わる・・・6の方の意見に納得です。
それから、映画祭が続くなら、「ジャイアンツ」お願いします。ジェームス・ディーンが、一歩一歩大地を踏みしめ、自分が手にした土地への想いを伝える場面をスクリーンでもう一度観たい!

『エデンの東』の投稿

J・Dで唯一観てないのがこれ

J・Dで唯一観てないのがこれ

今年度の上映の作品群の中で唯一「絶対に観たい」と思ったのはエデンの東。

テレビでもビデオでもDVDでも一切拝見していません。

ジェームズ・ディーンの3本の中でも唯一観てないので楽しみに待ちたいと思います。

『エデンの東』の投稿

マーロン・ブランドの自伝から

再見

まずチョコレートさん情報ありがとう!
なおさら見てみたくなりました。

時代背景は、第1次世界大戦の真っ最中。
アメリカ参戦パレードの最中に、民衆が「(これで戦争も)直ぐに終わるだろう」と口々に言ってたけど本当安易だな~
第2次大戦時の「硫黄島からの手紙」もそうだったし、ベトナム戦争も、湾岸戦争も、対テロ戦争もそんな事ばかり言ってて一向に終わらず…何度同じ事繰り返すんだろう?!
で長期化し、そのうっぷんの矛先は、ドイツ系移民の靴屋に!
集団リンチ目前で、バール・アイブス演じる威厳ある保安官が立ちはだかって事なきを得たけど、あれ違う土地だったら絶対保安官もグルだろうな~
何だか他人事じゃないのは、アメリカに遠戚がいるせいかも?
「第2次大戦中は、さぞかし肩身が狭かったろうな」と察します。

もう1点気になったのは、父アダムが担当してた徴兵委員会。
参戦直後は志願兵で一杯だったかもしれないけど、長期化するに連れ死傷者もどんどん増え、そんな委員会を作って人選してまで若者をどんどん戦地へ送り込ませないといけなくなってる。
でも人選されるのは、委員会員の子供たちでなく最下層の若者ばかり…完全にえこひいきしてる。
確か「ゴッドファーザーPARTⅡ」でも、「ドン・コルレオーネが親交のある議員に働きかけて自分の子供たちを徴兵させないように工面してた」とソニーが言ってと思います。
結局、マイケルは徴兵志願しますが…
時代が変わっても状況は同じで、2004年のマイケル・ムーア監督「華氏911」の中で、やはり最下層の若者をスカウトするシーン等がありましたね。

新規話題作成 必ず利用規約を了承したうえでご利用ください。
みんなのこえTOP

Series1/赤の50本TOP