第二回 午前十時の映画祭
みんなのこえ 赤の広場
実施概要 twitter facebook
第二回 午前十時の映画祭TOP

何度も忘れて何度も観たい! - 「スティング」
  • 1. 何度も忘れて何度も観たい!
    名前:カルヴェロ 投稿日:2019/10/09 12:30:04
  • 神様にお願い事ができるなら…
    1番最初とは言わないけど叶えて欲しいことがあります
    そう、この映画の記憶をすっかり消し去ってほしい
    最後のシーンだけじゃない、最初から全部

    この映画を最初に観たのはテレビでだった
    当然ながらテレビ版に短縮されておりその当時は子どもだった私は深く考えずに流れる映像をただただ追うように観ていただけ
    なんと勿体ない観方をしていたんだろう
    最後には身を乗り出してテレビにかぶりつきであった、と同時に後悔した
    ちゃんと映画館で最初から最後までじっくり観たかった
    知らなかった時に戻りたい、どれだけの心の揺さぶりを知るだろう

    まだ観ていない方に言いたい、何も知らずに観てほしいです
    そして誰にも言ってはなりません、人に勧めるなら最後まで観た感情を押し殺し ただ「観てね」とだけ言ってほしい
    それだけの価値があり惹きつけられる作品だと思います。
    観た後に、泣くかもしれない、笑うかもしれない、悔しがるかも、晴れ晴れとするかも、激怒するかも
    あらゆる可能性があります、映画は「何も知らずに」が一番 特にこの映画はね
    でわでわ
  • 2. 同感です。
    名前:おっとさん 投稿日:2019/10/22 15:29:13
  • 映画館で観たのは初めてでした。
    初めに大金を手にして無駄遣いするフッカーが買った青いシャツの柄がよく見えて、高そうに感じた。テレビで見ていた昔は気づかなかった。
    登場シーンの落ちぶれかかり感を含んだ中年ぶりがポール・ニューマンにしか出来ないような雰囲気でとてもいい。氷を砕いた洗面台に顔をつけるところが何度見てもとても好き。
    それでいて凄い人脈を感じさせるところがいいのだが、初見なら最後の最後のどんでん返しにさらにすごさを感じるのだろう。
    フッカーに対して「復讐で熱くなっている奴は何をやっても満足しない」(だったように思う)というような台詞を聞いた途端、「深い。カッコエエ」と思った。落ち着いたプロを感じさせ、よりゴンドーフが凄腕の男だということを感じた。
    これまで様々な困難を乗り越え生きてきたプロとしての、復讐心をコントロールする術を心得た言葉のように感じた。

    ゴンドーフの、人指し指で軽く鼻柱に触れる合図もこれがまたいい。
    全編が小気味良いテンポで、あっという間に終わった感じがした。

    カードさばきのシーンも印象的。編集がすごい。
    手元から引きで本人が現れてくるところが何とも言えずカッコイイ。

    見終えた感想を一言で ーー 本当に記憶を無くして初見を味わいたい。

(承認制につきまして)

  • 「午前十時の映画祭」のBBSは映画祭運営事務局の「承認制」です。
  • 書き込み後、すぐには反映されません。
  • 承認されなかった書き込みについての「未承認」の通知は致しませんので、
    1週間以上表示されない場合は「未承認」となります。
  • 以上の「承認制」をご理解の上、「みんなのこえ」をご利用ください。

【書き込み時の注意事項】

  • 午前十時の映画祭の趣旨に沿った内容を書き込みしましょう。
  • “話題”を新規設立する場合は、既に似たような“話題”がないことを確認しましょう。
  • 言葉はできる限り柔らかく表現をしましょう。
  • 議論は歓迎です。しかしながら、他の人が気分を害するような言い合いは自重してください。
  • 個人情報は他人、自分関わらず決して載せないでください。
【この話題に投稿する】
■タイトル
■ニックネーム
■コメント
 
みんなのこえTOP

Series1/赤の50本TOP