第二回 午前十時の映画祭
みんなのこえ 赤の広場
実施概要 twitter facebook
第二回 午前十時の映画祭TOP

新規話題作成 必ず利用規約を了承したうえでご利用ください。

『ローマの休日』の投稿

ローマの休日

アン王女

ヘップバーンが女優でなく本当に王女様に思えましたのは、始めて劇場のスクリーンで、それもデジタル処理された美しい映像で観た事も影響しているのでしょうか・・・
ラストシーンは何度も観ているハズなのに、迂闊にもホロリと来てしまいそうでした。
脚本も、制作も、ヘップバーンだけでない俳優達も、もう半世紀以上も前の映画なのに素晴らしい。また劇場で観る機会に恵まれたら、また観てしまうでしょう。

『ローマの休日』の投稿

オードリー・へップバーンの魅力と今でも続く人気や影響力は本当に凄い!

今の若い女性への影響で言えば

最近の若い女性は細身で清楚で綺麗なオードリー系の女性が多いですが
これもオードリーの影響力の強さを物語っていますね。
ビリーワイルダーの「膨らんだ胸の魅力を、オードリーが過去のものにするだろう」は見事な予言でしたね。

『ローマの休日』の投稿

チャンネル権

私も否応なく見せられました

チャンネル権<思わず笑ってしまいました

私の場合は母がビデオを借りてきて「素敵な人なのよ!」って無理矢理見せられました
同じ女だから共感できると思ったのでしょうが、
父の影響で小学生女児のくせにチャールズ・ブロンソンやチャック・ノリスに憧れる
アクション洋画好きだった為、最初は「恋愛映画なんか見ない!」と横で膨れていました。
が、王女が好奇心で乗ったスクーター大爆走!などのコメディタッチの楽しい内容に引き込まれ、
最後の決断をした後のアン王女の、アクションヒーローに並ぶ凛々しさには「カッコイイ!」と惚れこんでしまい
私が唯一覚えている恋愛映画となった次第です。

そして大人になった今、、映画館で涙、涙・・・
アン王女様の美しいこと美しいこと・・・
妖精の王女が人間界に降り立った様でした
映画館が年齢性別混ぜこぜでほぼ満席だったのも頷けます

私も、本当に映画館で見て良かったと思っております。
「駅から分らないから連れてって~」と泣きついてくれた母に大感謝です^^

『ローマの休日』の投稿

ジェラート・・

特派員さまへ

私たち親子はコーンは食べるものだと思っていた為
不思議なシーンに映った訳なのですが
さっき検索をしてみた所、
アイスのコーンは食べない人もいるという事を知りました。
つまり
食べない派には不思議でも何でもないシーンだったんですね(目から鱗!)

みんながやってるみたいに、コーンをポイ捨てする
<海外では、コーンを食べない(捨てる)派が隆盛なのでしょうか?
(検索では国内の反応しか出てきませんでした・・・)
真相を母に伝えたいので、
もし海外事情をご存知であれば教えて頂けると嬉しいです。

『ローマの休日』の投稿

「昼下がりの情事」に関連して、コチラも“トリビア”を!

アイスクリーム

アン王女が階段でアイスクリームを食べている時に
バックに映る時計台の針がおかしいのはファンの間
では有名でしょうか?

あと、最後まで食べずに放り投げるのは、どう見ても
王妃としての躾を受けた人間とは思えないのは私だけ
でしょうか?

私なら全部食べますが・・・。

新規話題作成 必ず利用規約を了承したうえでご利用ください。
みんなのこえTOP

Series1/赤の50本TOP