第二回 午前十時の映画祭
みんなのこえ 青の広場
実施概要 twitter facebook
第二回 午前十時の映画祭TOP

「アメリカン・グラフィティ」の話題TOP
話題名 返信数 最新返信日時
なぜか大好き 4 2013/04/06 14:44:42
予告編の曲 2 2012/09/16 21:57:09
楽曲の使用権 2 2012/03/12 16:12:47
ロックンロ-ル 1 2012/01/15 17:27:33
四国で・・・ 1 2012/01/15 12:13:20
すべての話題をみる(12件)

『アメリカン・グラフィティ』の投稿

なぜか大好き

最高の青春映画

楽しかった高校生活やこの街での仲間たちとの生活も捨てがたく、明日朝東部の大学に行くかどうか迷っているカート。その夜に見たサンダーバードの女性は、そうしたカートの楽しかった高校時代の「象徴」とも言えよう。しかしファラオ団に捕まって拘束された車の中でそのブロンドの女性は娼婦であることを知ってしまう。だがまだ半信半疑である。「D3132」の電話ボックスに、その「象徴」である女性から、自分に電話をもらいため、違法な裏の放送をやっているウルフマンのラジオ局に行きリクエストをする。その際にウルフマンから「外の世界は素晴らしい!」と東部の大学行きのアドバイスを受ける。一方でカートの先輩で、東部の大学には行かなずに、その街に残った車好きのジョンが、パラダイスロードで車のスタートスピードレースを行う。その田舎街も徐々に別の若い世代に取って代わられようとしている。ナンバーワンの座をかけてレースが行われた。相手の運転ミスで勝ちはしたが、明らかに内容は負けていた。朝日が登りはじめ「オンリー ユー」の曲が流れる中、ジョンが一言「今に俺だって!」とつぶやく。時代は確実に若い世代に取って代わられようとしていることを気づかされる。その頃カートが待つ電話ボックスに、ブロンドの女から電話が入った。カートはその女性を知ろうといろいろたずねるが、「・・何番通りを流しているわ。」と答えただけで電話はすぐに切れてしまった。しかしその反応、返事があったことに納得し、カートは飛行機に乗り込む。飛行機の窓から下には、どこまでも続く真っ直ぐな道をサンダーバードが徐々に小さくなりながら走っていく。カートは黙って無表情にそれを眺めている。高校時代の象徴に「さよなら」をしているのか。その車が遠くに走り去り、小さくなっていく。そのあと、カートベンダーソンはカナダで作家になったという、各人のその後の様子が流れて、この青春映画がラストを迎える。私の最高の青春映画である。

『アメリカン・グラフィティ』の投稿

予告編の曲

知りたい!

あのいろんな映画のワンシーンがたくさん流れているのがなんか感動します。
何の曲なんですかねえ…

『アメリカン・グラフィティ』の投稿

楽曲の使用権

再見

前半、プロム会場の男子トイレで“おめかし”してるスティーブ(ロン・ハワード、クレジット上はロニー・ハワード)の隣りで、ニキビ隠しをしてた男子が連れていた赤いドレスを着た彼女はキャサリン・クインラン(クレジット上はキャリー・クインラン)ですね。
本作の縁からか?ロン・ハワードが監督した「アポロ13」では、トム・ハンクスの奥さん役を演じ、アカデミー助演女優賞にノミネートされました。
またオムニバス映画「トワイライト・ゾーン 超次元の体験」のジョー・ダンテ監督のエピソードで主役を演じてましたし、確かアル・パチーノと同棲しながら結局別れてしまいましたよね…

ラストにて、カート(リチャード・ドレイファス)がその後作家になったと表記されますが、何だか「スタンド・バイ・ミー」という作品は、カートの“アナザー・ストーリー”っぽくないですか?

さて、まもなく単なるリバイバルなのに新作扱いの「スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス3D」が公開されますが、メジャースタジオからその題材からことごとく断られ、結局自費で製作した「レッド・テイルズ」は果たして日本で公開されるのでしょうか?
またルーカスが手掛けたフランシス・コッポラ監督「雨の中の女」のメイキング・ドキュメンタリーは陽の目を見る事ができるでしょうか?
本編がビデオ化されたら特典映像で付けて欲しいですが…

『アメリカン・グラフィティ』の投稿

ロックンロ-ル

ロックンロ-ル

懐かしい~。

1980年代に流行ったロックンロールブーム・・・アメリカングラフティ-サントラ盤の曲でよくツイストを踊ってました。

ジョンの真似をしてリ-ゼント・・・Tシャツの袖?にタバコを巻いてわざわざマッチで火を点けてました・・・。

中年親父の青春時代でした。

『アメリカン・グラフィティ』の投稿

四国で・・・

四国で・・・

四国で上映して下さい。できれば新居浜で。

みんなのこえTOP

Series2/青の50本TOP