第二回 午前十時の映画祭
みんなのこえ 青の広場
実施概要 twitter facebook
第二回 午前十時の映画祭TOP

久々の観賞 - 「がんばれ!ベアーズ」
  • 1. 久々の観賞
    名前:しんいち 投稿日:2011/02/25 11:03:09
  • 二十年以上ぶりに観ました。
    昔は子供たちの目線で観ていたのに、大人の視点から観ている自分にふと気がついたのが驚きでした。
    勝敗に捉われた大人と、純粋な正義感をもった子供の対比がこのドラマの魅力だったんだなと再認識。
    父親に期待を砕かれて立ち去るアマンダ。カメラが回りこむと夕陽に照らされた顔に涙が…この映画で一番美しいカットだと思いました。
    試合の転機となる場面、無言で抗議を訴える子供たちの目、そしてバターメイカーの顔が映ると目が真っ赤になり涙が滲んでいる…演出もウォルター・マッソーの演技も素晴らしいと思いました。
    この映画に再び出会えて本当に良かったです。
  • 2. がんばれ!ベアーズ
    名前:タカモト 投稿日:2011/02/26 23:27:05
  • 地元では年末あたりの上映らしい。

    年1回程度でDVDで鑑賞してます。
    いつかは宿敵ヤンキースに勝てるんではないかと思いながら。(笑)

    劇場で見るのは30年以上振りかと。。。。(悲)

    あー楽しみです♪
  • 3. 親子2代で鑑賞しました
    名前:お気楽とんぼ 投稿日:2011/03/05 19:14:27
  • 子どもの頃、初めて劇場で見た字幕付き映画がこの作品だったのですが、今日愛息といっしょに見ました。私にとっては記念に残る日となりました。
  • 4. 30年振り・・・
    名前:Mr.お転婆娘 投稿日:2011/03/11 22:42:37
  • かれこれ30年ぐらい前にTV放送で一度観たきりでした。
    結構楽しく観たので、今回は劇場へ直行でした。なんばTOHO
    のスクリーン4でしたが、50名ぐらいでしたでしょうか・・・。
    土日は満席のようでした。

    酔っ払いのコーチの方針は全員でプレーすることでしたね。
    3回ぐらい涙がこぼれましたよ。ホームランボールをへたくそな
    あの男の子がキャッチした瞬間とかね。
  • 5. つばを拭くふりをして
    名前:谷内修三 投稿日:2011/07/14 20:02:37
  • ティータム・オニールが帽子でつばを拭くふりをして・・・。
    その部分の「解説」、別バージョン?
    私の記憶と違っている。
    その前に、帽子のキャップの裏にワックス(?)を塗るシーンとの関係をもっと丁寧に説明していたと思うけど。
    「反則」だから、カットになった?
  • 6. 一番楽しみにしていた映画です
    名前:琵琶ちゃん 投稿日:2012/09/29 20:04:58
  • 「青の50本」の中でもっとも楽しみにしていた映画です。私が高校3年の時に見て以来てせすから、36年ぶりぐらいかな。あの頃は、高校生の目で見ていたのですが、今回はあの年頃の子供を指導するのには、何が大事かという観点から見ている自分に気付きました。
    子供に対しては、厳しくも最大限の愛情をもって接する、子供の気持ちになる ということが大事なのですね。
    酔っ払いの監督は大リーグでは、大成しなかった。万年補欠だった、だからこそ補欠の子供の気持ちがわかるのでしようね。最後、あわやホームランという打球を下手くそな子供がナイスキャッチした時は、大拍手をしました。勝利至上主義のヤンキースの監督とは好対照でした。ベアーズの強打者を満塁の時ですら敬遠を指示するところなどは、典型でしたね。

    >その前に、帽子のキャップの裏にワックス(?)を塗るシーン
    初ロードショーの時には、確かにそのシーンありましたね。
みんなのこえTOP

Series2/青の50本TOP