第二回 午前十時の映画祭
みんなのこえ 青の広場
実施概要 twitter facebook
第二回 午前十時の映画祭TOP

「ディア・ハンター」の話題TOP

『ディア・ハンター』の投稿

ベトナム戦争版「我等の生涯の最良の年」

関連…三角関係

マイケル(ロバート・デ・ニーロ)とニック(クリストファー・ウォーケン)とリンダ(メリル・ストリープ)みたいな“三角関係”を描いた映画といえば…恋愛物(特に不倫物)ならクサる程ある。
あり過ぎるから敢えて列挙しませんが…

ただ、戦場物や災害物だとかなり限定されてくる。
1942年のマイケル・カーティス監督「カサブランカ」
1957年のミハイル・カラトーゾフ監督「鶴は翔んでいく」
1970年のビットリオ・デ・シーカ監督「ひまわり」
1978年のハル・アシュビー監督「帰郷」
1997年のジェームズ・キャメロン監督「タイタニック」
2000年のロバート・ゼメキス監督「キャスト・アウェイ」
2001年のマイケル・ベイ監督「パール・ハーバー」
2004年のマイケル・ビア監督「ある愛の風景」
2009年のジム・シェリダン監督「マイ・ブラザー」(*「ある愛の風景」のリメイク)etc

「もしニックが帰郷してたら…」を想像させる作品が何本かありますね。

『ディア・ハンター』の投稿

反戦映画の傑作なのだが・・・

反戦映画の傑作なのだが・・・

今日、30数年振りに二度目の鑑賞をしてきました。
何十年たっても決して色あせていない作品でした。
戦争がもたらした狂気と悲劇が描かれており、反戦映画としては一級品ですね。

でも、観た後の何とも言えない胃のあたりの重苦しさ。
感動でもなく、悲しみでもなく、怒りでもなく、あえて言えば虚しさなのでしょうか?
あまりに重たく、もう二度と見たくはない映画かな。

今日は嫌な夢を見てしまいそう。

『ディア・ハンター』の投稿

心に沁みます

心に沁みます

エンドロールをみながら、ただただ涙、涙でした。
この映画から受ける感動はどんな言葉でも表現できないものがあります。
本当に心に沁みるすばらしい映画という他ありません。
第三回の映画祭ではまた観に行きます。

『ディア・ハンター』の投稿

福岡の映画ファンよ 天神東宝へ集合!

宣伝?(情報は正確に)

ニックさんというのは、「ゴッドファザー2」で、以下の投稿をした「マイケル」さん?

**********************
名前:マイケル 投稿日:2011/11/07 22:31:00
われらが誇る九州の旗艦劇場、天神東宝は本気です。
座席数52を誇る最小の2番劇場で、堂々一日3回上映!
チケットも早々に売り切れて、満席は必至。
3.3×8.0mの特大スクリーンでこの名作を堪能できます。
これから「ドクトル・ジバゴ」も「ディア・ハンター」も「007危機一発」も、この劇場で上映なのでしょうね。
企画始まって以来通いつめてきた福岡の映画ファンたちに、最高のプレゼントです。
天神東宝ありがとう!
**********************

「天神東宝の支配人さん」とどういう関係か知らないけれど、せっかくの大スクリーン劇場があるのに、なぜ一番小さい劇場で上演するのでしょうか?

「3.3×8.0mの特大スクリーン」と書いていますが、天神東宝の他の劇場のスクリーンの大きさは?
それより小さいのですか?

情報は正確に書いてください。
私は測ったわけではないので知りませんが、どうみても1,3,5番劇場は2番劇場より大きい。
それこそ、2番劇場に比較すると「特大」です。

小さい劇場だと、いったいどういう利点があるのでしょうか。

1,3,5番劇場ではなく、2番劇場で上映する(上映するしかない?)本当の理由は、他の掲示板でも話題になっているデジタル化と関係があるのでは?

『ディア・ハンター』の投稿

丁寧な作り

長い序章も素晴らしい

スクリーンで4回も観ちゃいました。M・ウォールバーグさんが仰るとおり、一見したところ序章の長さに「ウザ!」と思いがち。けれど回数を重ねてみるごとに、これも仰るような丁寧さがビシバシ伝わってくるんですよ。男たちばかりでなく、脇役の女性たちの味わい深さに思わず唸ってしまう。いやあ、素晴らしいの一語に尽きますな、こりゃ。

『ディア・ハンター』以外のリスト作品もレビューしている私のブログへもお越し下さい。『ディア・ハンター』のレビューは全4回。
第1回 http://blog.livedoor.jp/basedonfacts/archives/66388510.html
第2回 http://blog.livedoor.jp/basedonfacts/archives/66506926.html
第3回 http://blog.livedoor.jp/basedonfacts/archives/66536099.html
第4回 http://blog.livedoor.jp/basedonfacts/archives/66661113.html

みんなのこえTOP

Series2/青の50本TOP