第三回 午前十時の映画祭
みんなのこえ
実施概要 facebook twitter
第三回 午前十時の映画祭のTOPに戻る
新規話題作成必ず利用規約を了承したうえでご利用ください。

「月の輝く夜に」の話題TOP

青の広場 話題TOPへ

話題名 返信数 最新返信日時
シャンパンの泡のような 1 2012/12/21 02:09:07
名監督が駆け出しスリーピング・アイ俳優使ってスマッシュヒット飛ばした作品 2 2012/09/30 20:23:19
いいものはいい 1 2011/08/23 14:43:19
シェ~る 1 2011/07/03 01:48:13
反”愛の不毛” 1 2011/05/18 15:08:19

青の広場 話題TOPへ

シャンパンの泡のような

シャンパンの泡のような

ここのところどうにも割り切れない、重いヨーロッパ映画を続けて観ていたので
脳天気なまでにスッキリと割り切れてしまうアメリカ映画の軽さは
シャンパンの泡のようにさわやかで、とても効いた。

多分、この映画を単独で観たのであればそれほどいい映画だという印象ではなかったと思う。
この映画祭の中の一本としてみたときに、ほかの映画とのバランスやヨーロッパ映画との対比という
点において絶妙なさわやかさがあって本当によかった。

映画一本一本を観るのではなく、映画祭をトータルで楽しむことの魅力に
気づかせてくれた作品です。

それにしても、あのニコラス・ケイジの胸毛は・・・。

名監督が駆け出しスリーピング・アイ俳優使ってスマッシュヒット飛ばした作品

再見

初公開は、アカデミー賞発表後の1988年4月。
併映は、チャールズ・シャイヤー監督&ダイアン・キートン主演「赤ちゃんはトップレディがお好き」と、女性物2本立てでしたが中々オイシイ組み合わせでした。
また同時期に公開され、同年の賞レースを競い合った「ブロードキャスト・ニュース」「ウォール街」の2本立てもオイシカッタナ~

シリアスになりそうな題材を、イタリア人気質なのか?アッケラカンとしたノー天気なコメディ仕立てに描いてて、そこがウケたのでしょう。
1985年のジョン・ヒューストン監督&ジャック・ニコルソン主演「女と男の名誉」も“マフィア物”なのに似た様な作風でしたね。
今でも時々、シェールとアンジェリカ・ヒューストンがカぶってしまうけど…
またイタリアの男って…「グレート・ブルー」のジャン・レノもそうだったけど「女たらしで、マザコンばっかりかよ!」みたいなイメージを植え付けてくれたのも映画のせいかも…?

お祖父ちゃん役のフェオドール・シャリアピンJrは、「薔薇の名前」で重要な役を演じてて、数ある“遅咲き組”の中でも最晩年(80代)で脚光浴びた俳優です。
あとは1989年のマーティン・リット監督「アイリスへの手紙」で、ロバート・デ・ニーロの父親役が印象に残ってる。

日本では1985年に公開された「ロミオとジュリエット」のフランコ・ゼフィレッリ監督のオペラ映画「トラヴィアータ 1985・椿姫」があったから…多少はオペラに興味を持ち出した頃で、本作でもその歌曲が全編に渡り印象的に流れますね。
また本作同様、1990年のゲイリー・マーシャル監督「プリティ・ウーマン」でも主人公2人が見に行くオペラが「椿姫」でした。
シェールとジュリア・ロバーツ、共に同じ演幕で泣いてたような…?

冒頭のオープニングタイトルから頻繁に映し出され、その後も満月と共に映し出されるマンハッタンの夜景の中でも、やはり今となってはワールドトレードセンターが一番目を引く!
当時はそんな事何も考えなかったのに…

いいものはいい

いいものはいい

公開当時、妹と観に行きました。
シェールの赤いハイヒールがとても印象に残っていて、私の中のこの映画のイメージはそれです。
ストーリーは「まさか!」の連続だけど、決して嫌では無くて、中でも母親役のオリンピア・デュカキスはカッコ良かったなぁ。
ニコラスの青い目が本当に綺麗で、脚も長くて髪もあった。。。
音楽も素晴らしくて、サントラ買いましたっけ。
今回もまた妹と2人で行きました。
おじいさん役の俳優さんやあの犬たちは、恐らくもういないんだろうね…なんて話しながら。
そう言えば、この前に観た時は私達の両親も健在だったな。

シェ~る

シェ~る

「バーレスク」のシェールと変わってない!お化けだ!!
それに比べニコラスは変わった!しかし、良い組み合わせのようにおもうこの2人。2名とも濃いけどねぇ。最後にシェ~る!?(あんた人間は年を取る生き物なんやからさ・・)

反”愛の不毛”

反”愛の不毛”

この映画は本映画祭で初めて見ましたが、凄い脚本の持って行き方ですね。
吉田喜重やアントリオーニみたいなドロドロした人間関係を表面的には扱っていながら、彼らとは逆に”愛が全て”といったメッセージを伝えていて、刺激的でした。
ラストシーンの丸め込み方でこれほどまでに主張が変わるものか、そういった感動が見終わった後にはありました。
ちなみに私は”愛の不毛”を描く映画も”愛が全て”といった主張を描く映画(まあ、基本的にはこっちですが)も大好きです。皆さんはどうでしょう?

新規話題作成必ず利用規約を了承したうえでご利用ください。
みんなのこえTOP 作品詳細に戻る
第三回 午前十時の映画祭のTOPに戻る