第三回 午前十時の映画祭
みんなのこえ
実施概要 facebook twitter
第三回 午前十時の映画祭のTOPに戻る

名監督が駆け出しスリーピング・アイ俳優使ってスマッシュヒット飛ばした作品 - 「月の輝く夜に」

  • 1. 名監督が駆け出しスリーピング・アイ俳優使ってスマッシュヒット飛ばした作品
    名前:ヒッチ 投稿日:2011/06/20 06:07:10
  • ノーマン・ジュイソン監督の全盛期って「夜の大捜査線」を含む60~70年代の印象があります。
    ただ作品数はめっきり減りましたが80年代も、“もう一つの「夜の大捜査線」”こと「ソルジャー・ストーリー」や「神のアグネス」「月の輝く夜に」とアカデミー賞に絡む作品群を輩出してます。

    ロバート・ミッチャムに代表される“スリーピング・アイ(寝ぼけ眼)”といわれてる風貌の俳優は、それまでどうも“演技派”とは程遠い印象がありました。シルベスター・スタローンもそうですね。
    その“スリーピング・アイ”の女性版シェールが、アカデミー主演女優賞取ったからビックリ!
    それまでの出演作って、時節柄リバイバル公開&テレビ放送は現在難しい1983年のマイク・ニコルズ監督「シルクウッド」と、“アメリカ版エレファント・マン”こと1985年のピーター・ボグダノビッチ監督「マスク」くらいしかないのに…

    もう一人の“スリーピング・アイ”ことニコラス・ケイジの方は、“七光り”を嫌い芸名から「コッポラ」を外したのに、結局伯父のフランシス・コッポラ作品ばかり出演してて鳴かず飛ばず状態でした。
    そんな彼が一躍注目浴びるきっかけになったのが、ほぼ顔中包帯だらけで挑んだ1985年のアラン・パーカー監督「バーディ」と本作あたりからです。
    まだ髪フサフサ&筋骨隆々の頃でしたね。
    そういえばデビュー作は、1982年のエイミー・ヘッカリング監督「初体験 リッジモント・ハイ」だったらしいですね。
    ショップ店員役でワンシーンに出てたそうです。

    *「初体験 リッジモント・ハイ」は、邦題からもわかる通り当時は「フィービー・ケイツのヌードが拝める初体験物」程度の扱いでした。
    ただ現在はこの作品から、アカデミー主演男優賞受賞者3名(ショーン・ペン&ニコラス・ケイジ&フォレスト・ウィテッカー)
    アカデミー脚本賞受賞者1名(キャメロン・クロウ)を輩出した為、ちょっと見方が変わりつつあります。
    ビデオ・パッケージも、ロッド・スチュワートみたいなショーン・ペンを大々的にメインで載せてますし…
  • 2. 再見
    名前:ヒッチ 投稿日:2012/09/30 20:23:19
  • 初公開は、アカデミー賞発表後の1988年4月。
    併映は、チャールズ・シャイヤー監督&ダイアン・キートン主演「赤ちゃんはトップレディがお好き」と、女性物2本立てでしたが中々オイシイ組み合わせでした。
    また同時期に公開され、同年の賞レースを競い合った「ブロードキャスト・ニュース」「ウォール街」の2本立てもオイシカッタナ~

    シリアスになりそうな題材を、イタリア人気質なのか?アッケラカンとしたノー天気なコメディ仕立てに描いてて、そこがウケたのでしょう。
    1985年のジョン・ヒューストン監督&ジャック・ニコルソン主演「女と男の名誉」も“マフィア物”なのに似た様な作風でしたね。
    今でも時々、シェールとアンジェリカ・ヒューストンがカぶってしまうけど…
    またイタリアの男って…「グレート・ブルー」のジャン・レノもそうだったけど「女たらしで、マザコンばっかりかよ!」みたいなイメージを植え付けてくれたのも映画のせいかも…?

    お祖父ちゃん役のフェオドール・シャリアピンJrは、「薔薇の名前」で重要な役を演じてて、数ある“遅咲き組”の中でも最晩年(80代)で脚光浴びた俳優です。
    あとは1989年のマーティン・リット監督「アイリスへの手紙」で、ロバート・デ・ニーロの父親役が印象に残ってる。

    日本では1985年に公開された「ロミオとジュリエット」のフランコ・ゼフィレッリ監督のオペラ映画「トラヴィアータ 1985・椿姫」があったから…多少はオペラに興味を持ち出した頃で、本作でもその歌曲が全編に渡り印象的に流れますね。
    また本作同様、1990年のゲイリー・マーシャル監督「プリティ・ウーマン」でも主人公2人が見に行くオペラが「椿姫」でした。
    シェールとジュリア・ロバーツ、共に同じ演幕で泣いてたような…?

    冒頭のオープニングタイトルから頻繁に映し出され、その後も満月と共に映し出されるマンハッタンの夜景の中でも、やはり今となってはワールドトレードセンターが一番目を引く!
    当時はそんな事何も考えなかったのに…
みんなのこえTOP
第三回 午前十時の映画祭のTOPに戻る