「風と共に去りぬ」の配給収入 - 「映画祭について」

  • 1. 「風と共に去りぬ」の配給収入
    名前:数字に関心がある男 投稿日:2016/09/26 20:39:14
  • 先日、書店でスクリーンを立ち読みしていると、この映画祭の過去6回上映作品の
    観客動員数が発表されていました。

    第一位は「風と共に去りぬ」、第二位は「ローマの休日」でした。二作品とも映画が
    娯楽の王様として圧倒的な地位を持っていた1950年代に上映されており、作品の
    質の高さも含めて当然かなという気がします。「サウンドオブミュージック」は第6位
    でした。

    ところで、作品の配給収入を時価に換算すると「風と共に去りぬ」がいつも第一位ですが、
    これはどこまで正確なのでしょうか?「風と共去りぬ」は全米では1960年代に二度
    リバイバル上映されて、二度とも、その年のベスト10に入るほどの大ヒットをしています。

    一方、「サウンドオブミュージック」は1970年代に一度全米でリバイバル上映されて
    その年のベスト10に入るほどの大ヒットをしています。

    1939年公開の「風と共に去りぬ」は1965年公開の「サウンドオブミュージック」に
    抜かれるまで26年ほど第一位を保持続けて来た作品です。時価に換算すると「サウンドオブミュージック」
    は第三位です。

(承認制につきまして)

  • 「午前十時の映画祭」のBBSは映画祭運営事務局の「承認制」です。
  • 書き込み後、すぐには反映されません。
  • 承認されなかった書き込みについての「未承認」の通知は致しませんので、
    1週間以上表示されない場合は「未承認」となります。
  • 以上の「承認制」をご理解の上、「みんなのこえ」をご利用ください。

【書き込み時の注意事項】

  • 午前十時の映画祭の趣旨に沿った内容を書き込みしましょう。
  • “話題”を新規設立する場合は、既に似たような“話題”がないことを確認しましょう。
  • 言葉はできる限り柔らかく表現をしましょう。
  • 議論は歓迎です。しかしながら、他の人が気分を害するような言い合いは自重してください。
  • 個人情報は他人、自分関わらず決して載せないでください。
【この話題に投稿する】
みんなのこえTOP
映画祭のTOPに戻る