「風と共に去りぬ」の話題TOP

新規話題作成 必ず利用規約を了承したうえでご利用ください。

話題名 返信数 最新返信日時
感謝 2 2015/06/23 22:28:41
70ミリ&シネラマ 5 2015/04/10 20:27:08
また見れる 2 2015/03/23 23:37:52
豪華に鮮やかな、哀しく苦しい 1 2013/11/01 18:39:33
不思議な映画なんだよね 3 2013/06/26 15:02:11
すべての話題をみる(18件)

作品についての話題TOPへ

感謝

また映画館で観たい映画です。

小学生の時に母に「この映画は絶対に見ておきなさい!」と言われて初めて見ました。
その時は、女性の衣装の美しさやヴィヴィアン・リーの美貌にただただ見とれていただけでした。
あれから、何度も何度も繰り返しテレビやDVDで見ました。
でも、こうして劇場で見てしまうと、この映画の持つスケール感が「ザ・映画」そのもので、Blu-rayは持っているけれど、やっぱり劇場で観たい作品だと思いました。
次も、そのまた次も、この作品だけは外さずにずっと「午前十時」の企画に入れて下さい。

話題をすべてみる

70ミリ&シネラマ

ハッハッハ!

オリジナルもシネスコもドーンと来い!
どっちもOKよーー!

しかし午前十時の映画祭でも、そろそろシネスコ上映しませんか?

話題をすべてみる

また見れる

シネマスコープの大画面で

今から33年ほど前に、70ミリ上映を堪能しました。

数年前、午前十時の映画祭でスタンダードサイズを観てがっかり。

いつかシネマスコープの大画面で観れる日がやってくることを願っています。

話題をすべてみる

豪華に鮮やかな、哀しく苦しい

豪華に鮮やかな、哀しく苦しい

愛を語るほどの男ではないですが、語らせて頂きますm(_ _)m

スカーレットは愛に生き、愛に惑わされ、愛を探し求める孤独な女性で、強い人だと勘違いされ、自分をも装い素顔を誰にも見せずに一人泣く、か弱い女性でもあったのかと今更ながら分かりました。
メラニーの天使のような優しさこそが、本物の強さなのですね。

今は「タラのテーマ」が、心地好く胸の中を通り過ぎます。

話題をすべてみる

不思議な映画なんだよね

レット・バトラーの不思議さ

スクリーンで観ました。
凄い映画だと思いました。

初めて観た時、「レット・バトラーはスカーレットの何が良いんだろう…」
と疑問で、終盤に近づくにつれ、それまでの悲劇がありながらも明るさがあった
雰囲気が変化してゆくのが印象的でした。

改めて観て、レット・バトラーの、口では実利的なことを言いながら、
本当は大義に対する憧れを抱いていたり、スカーレットが本当に好きなんだなと
感じました。
「似たもの同士だ」と言っていたバトラーとスカーレットは、
終盤に差し掛かり、違うところを感じました。
バトラーは多分、自分のことがあまり好きじゃない人間なのかな、と思いました。
けれどもスカーレットは自分を愛するすべを知っている。
それは「タラ」というふるさとを心に持っているからだと感じました。
バトラーという人は、「タラ」のような、ふるさとをもっていない人なのかもしれません…。

自分なりの感想を述べさせて頂きました。
また観たい作品です。
午前10時の映画祭は初めてでしたが、
また他の作品も観たいなと思いました。

話題をすべてみる

新規話題作成 必ず利用規約を了承したうえでご利用ください。

このページの先頭へ