午後の遺言状2週上映

    午後の遺言状
  • 「午後の遺言状」みんなのこえ
みんなのこえ(掲示板)で、上映作品「午後の遺言状」について語ろう
かな ごごのゆいごんじょう
製作国 日本
ジャンル ドラマ
本国公開年 1995年
カラー カラー
上映時間 112分
監督 新藤兼人
出演者 杉村 春子
乙羽 信子
朝霧 鏡子
映倫区分 映倫区分:G
受賞歴 日本アカデミー作品賞、助演女優賞、監督賞、脚本賞、特別賞(企画)
*G:年齢にかかわらずどなたでもご覧になれます。
*PG12:12歳未満(小学生以下)の方は、親又は保護者の助言・指導が必要です。
*R15+:15歳以上の方がご覧になれます。
*R18+:18歳以上の方がご覧になれます。
映画.com作品情報

解説

老女優の身に起こる様々な出会いと出来事を通して、「人間の老いと死」を静かに、時にコミカルに描いたヒューマンドラマの名篇。撮影当時80歳を超えていた新藤兼人が監督。日本を代表する女優・杉村春子と乙羽信子が自然体のかけ合いを見せる。認知症にかかる登美江に、本作が45年ぶりの銀幕復帰となる朝霧鏡子。第19回日本アカデミー賞最優秀作品賞をはじめその年の映画賞を独占。公私にわたり新藤兼人監督を支えた乙羽信子は本作の公開前に死去、本作が遺作となった。

物語

大女優・蓉子(杉村春子)は避暑地の別荘にやって来た。出迎えるのは、蓉子とは長い付き合いになる別荘管理の農婦・豊子(乙羽信子)とその娘だ。翌日、牛国夫妻が蓉子を訪ねてきた。妻の登美江(朝霧鏡子)は蓉子と同じ劇団にいた元女優だが、今は重度の認知症にかかっていた。蓉子が「かもめ」の一節を話し出すと登美江もそれに応えるが、また元の状態に戻ってしまう。旅立つ夫妻を見送った蓉子は、豊子から娘が近々結婚することを聞かされ、ある告白を受ける。

こぼれ話

乙羽信子は本作撮影時には癌の為、余命幾ばくも無い状態だった。夫でもあった新藤監督は乙羽の余命についての説明を主治医から受けていたが、乙羽には知らせず撮影に踏み切った。このことについて新藤はエッセイの中で、「乙羽さんが近代映画協会(1952年に新藤らが設立した映画制作会社)で40年もいろいろ仕事やってくれたことに対するお返しとしてもやりたいと思ったし、もし途中で倒れてしまっても、仕事をやって倒れたほうが気もちがいいんじゃないかなと思ったんです」と語っている。

上映スケジュールの変更・休止などがある場合がございます。
詳細は各劇場公式サイトでご確認いただくか、劇場まで直接お問い合わせください。

上映スケジュール

上映期間 地域 上映劇場(劇場情報・上映スケジュール)
GROUP B

2016/06/11(土)~
2016/06/24(金)
岩手 中央映画劇場
山形 MOVIE ON やまがた
群馬 MOVIX伊勢崎
茨城 シネプレックスつくば
千葉 TOHOシネマズ 市川コルトンプラザ
埼玉 MOVIXさいたま
埼玉 こうのすシネマ
東京 TOHOシネマズ 日本橋
東京 TOHOシネマズ 府中
東京 立川シネマシティ
神奈川 TOHOシネマズ 小田原
神奈川 TOHOシネマズ 上大岡
長野 長野グランドシネマズ
富山 TOHOシネマズ ファボーレ富山
静岡 TOHOシネマズ 浜松
愛知 ミッドランドシネマ名古屋空港
三重 109シネマズ四日市
滋賀 大津アレックスシネマ
大阪 高槻アレックスシネマ
大阪 TOHOシネマズ なんば(本館・別館)
岡山 TOHOシネマズ 岡南
島根 T・ジョイ出雲
香川 イオンシネマ宇多津
福岡 TOHOシネマズ 天神(本館・ソラリア館)
長崎 TOHOシネマズ 長崎
熊本 TOHOシネマズ 光の森
沖縄 シネマパレット
GROUP A

2016/06/25(土)~
2016/07/08(金)
札幌 札幌シネマフロンティア
宮城 MOVIX利府
新潟 T・ジョイ新潟万代
栃木 TOHOシネマズ 宇都宮
千葉 TOHOシネマズ 市原
埼玉 MOVIX三郷
埼玉 ユナイテッド・シネマ ウニクス南古谷
東京 TOHOシネマズ 新宿
東京 楽天地シネマズ錦糸町
神奈川 TOHOシネマズ ららぽーと横浜
神奈川 TOHOシネマズ 海老名
神奈川 シネプレックス平塚
山梨 TOHOシネマズ 甲府
石川 イオンシネマ金沢フォーラス
静岡 静岡東宝会館
岐阜 TOHOシネマズ 岐阜
愛知 TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ
和歌山 ジストシネマ和歌山
京都 TOHOシネマズ 二条
大阪 大阪ステーションシティシネマ
兵庫 TOHOシネマズ 西宮OS
広島 広島バルト11
愛媛 シネマサンシャイン大街道
福岡 ユナイテッド・シネマなかま16
佐賀 109シネマズ佐賀
大分 TOHOシネマズ アミュプラザおおいた
宮崎 セントラルシネマ宮崎
鹿児島 天文館シネマパラダイス

このページの先頭へ