「ショーシャンクの空に」の話題TOP

新規話題作成 必ず利用規約を了承したうえでご利用ください。

話題名 返信数 最新返信日時
再上映希望 1 2017/05/12 10:33:53
見てよかった、事務局オフタイムに感謝!! 2 2017/05/10 14:25:48
初めて観る者の特権 5 2011/10/15 22:16:24
劇場通い29年目ですが 12 2011/08/09 20:11:19
好きなシーン 4 2011/05/31 02:03:20
すべての話題をみる(18件)

作品についての話題TOPへ

再上映希望

再上映希望

今日最終日なので地元の映画館がレイトショーでもやってくれているのを見に行こうと思ってわくわくしていたのですが、5日前に確認した時はあったのに、今日見たらスケジュールからレイトショーが消えていました…最終日なのにひどいです…23時スタートだから金曜夜にしようと思ったのが間違いでした
もともと午前10時だから見に行けないと思っていたのですが、大好きな映画なので、初めて映画館で見ることができると楽しみにしていたのに、すごく残念でなりません…
もう一度選ばれて上映してもらえたら、嬉しいです…次は仕事を休んで見に行きます…

話題をすべてみる

見てよかった、事務局オフタイムに感謝!!

最高の1作

 書き込みがあったので見に行きました。 どんどん引き込まれ素敵な余韻に浸れました。
こんな良い映画があったんですね。 この映画を紹介してくれた選定委員の方ありがとうございました。

話題をすべてみる

初めて観る者の特権

原作を先に読んでいたので躊躇してましたが

見に行って良かったです。
刑務所内での囚人同士のリンチや刑務官による暴力など、文章にするのもおぞましいシーンが映像化されるなんて、とても正視する勇気はない、でも、映画館で見るチャンスはもうないかも。。。

さすがアメリカ映画ですね、さわやかに仕上がってました。ラストも、本はアンディのもとにレッドが向かっている途中で終わりですが、映画はきちんと完結します。
本も映画も受ける感動は同じでしょうが、スティーブン・キングが詳細に表現していた「いかに穴を掘ることが難しくて根気がいる作業か」「たとえ穴が貫通してもその後の逃亡の成功は偶然の上に偶然が重ならないと成しえない」点が、映画ではあまり伝わらなかったかも。そこが少し残念。

主役二人のイメージはぴったりでした。刑務所での後半、頭に白いものが目立ち、図書室で本を遠ざけて読もうとする姿に、「わかるわかる、見えないんだよね」と老いを共感しました。
この映画は幅広い年代の人に是非お勧めしたいです。

話題をすべてみる

劇場通い29年目ですが

再見

細かい点をいくつか

●レッド(モーガン・フリーマン)が仮出所したのが、服役して40年後の1967年。アンディは前年に…
ショーシャンク刑務所の場所は、アメリカ北東部だからまだいいのですが、レッドがアンディの元へ向かう為「テキサス州フォートハンコック行き」の長距離バスに乗り込みますが、同乗者を見ると黒人&白人が入り乱れて同乗してる。
60年代といえば“公民権運動”の盛んな時期…(もちろん州や土地にもよりますが)特に南部は黒人への偏見がまだまだ根強く、リンチは当たり前、バスやレストラン等は別々だったりしてた事も…
「夜の大捜査線」「ミシシッピー・バーニング」あたりを参考にすればわかると思います。
また「キング牧師暗殺」は、この翌年の事でした。
で、レッドはどうやってメキシコ国境を越えたのだろ?同じくアンディも!
パスポートは?やっぱり偽造?あるいは国境を延々歩いたのかな?
同時期を描いたトルーマン・カポーティ原作「冷血」の犯人たちもメキシコへ逃亡をはかりますが、今より国境警備も甘かったのかな?

●ハドレー刑務主任を演じたクランシー・ブラウンですが、過去に1983年のリック・ローゼンタール監督「バッド・ボーイズ」で少年刑務所内の番長を演じてました。
ショーン・ペンが入所してくるまでは幅を利かせてましたが、“ある方法”でショーン・ペンからボコボコにされ大人しくなります。
どうもこの作品の延長上に「ショーシャンク」があるようで…あの悪ガキが“更生?”して今度は“(手荒な方法で)更生の手助け?”をしてるように思えます。
ちなみにその“ある方法”は、テレビドラマ「SP」で同じ事やってました。

●モーガン・フリーマンにも、「ショーシャンク」の2年前にジョン・G・アビルドセン監督「パワー・オブ・ワン」という作品があり、そこでも囚人を演じてます。
ただコチラは「ショーシャンク」とは対極にあり、仮出所後に命を絶ったブルックスのような存在でした。
ただ主人公の少年に多大な影響を与えます。
「ロッキー」のアビルドセン監督らしくボクシングを指導したり…
そういえば主人公をイジめる役で、現ジェームズ・ボンドことダニエル・クレイグが出演してます…デビュー作らしい。
「パワー・オブ・ワン」はアパルトヘイトを描いてますが、この翌年1993年にモーガン・フリーマンは唯一の監督作品、ダニー・グローバー主演「BOPHA!」でも描いてます。日本未公開なのが残念…

話題をすべてみる

好きなシーン

好きなシーンは色々ありますが

音楽にみんなが聞き入っているところ、私も好きです。
でも一番好きなのはラストのラスト・・詳しい表現は控えますが、カメラが退いていく中で、
次第に小さくなっていく二つの陰が近づき抱き合うところです。
確か原作では、ブルックスがバスに乗っているところで終わっていたと記憶しています。
映画ならではの最高のラストシーンだと思います。

話題をすべてみる

新規話題作成 必ず利用規約を了承したうえでご利用ください。

このページの先頭へ