異常な状況におかれた人々の振舞いを目の当たりにするなかで、人としてのさまざまな感情に出会える作品 - 「戦場のメリークリスマス」

  • 1. 異常な状況におかれた人々の振舞いを目の当たりにするなかで、人としてのさまざまな感情に出会える作品
    名前:おっとさん 投稿日:2017/12/29 15:00:01
  • 大戦中の日本占領下のジャワの捕虜収容所が舞台。
    戦時と戦後の、立場が逆の状況におかれた原軍曹(たけし)の表情のギャップがとても心に残った。
    原軍曹の一見異様で過激な振舞いの中にも、一貫したものが流れていることを、覚悟をして戦場にきたことが伝わる言動に感じた。
    デヴィッド・ボウイの演技には、過去との決別を戦争に求めた者の迷いと、人としての自分の愚かさを悟った男の姿が表現されていたと思う。
    異常な状況に置かれた人間の振舞いについて考えさせられた。
    坂本龍一の演ずるヨノイは、目元から感情が伝わってきた。

(承認制につきまして)

  • 「午前十時の映画祭」のBBSは映画祭運営事務局の「承認制」です。
  • 書き込み後、すぐには反映されません。
  • 承認されなかった書き込みについての「未承認」の通知は致しませんので、
    1週間以上表示されない場合は「未承認」となります。
  • 以上の「承認制」をご理解の上、「みんなのこえ」をご利用ください。

【書き込み時の注意事項】

  • 午前十時の映画祭の趣旨に沿った内容を書き込みしましょう。
  • “話題”を新規設立する場合は、既に似たような“話題”がないことを確認しましょう。
  • 言葉はできる限り柔らかく表現をしましょう。
  • 議論は歓迎です。しかしながら、他の人が気分を害するような言い合いは自重してください。
  • 個人情報は他人、自分関わらず決して載せないでください。
【この話題に投稿する】

このページの先頭へ