映画館のスクリーンで公開することを念頭に作った作品は、やはり映画館で観るのがいい。監督の意図が伝わって来やすいように思うからだ。 - 「天国と地獄」

  • 1. 映画館のスクリーンで公開することを念頭に作った作品は、やはり映画館で観るのがいい。監督の意図が伝わって来やすいように思うからだ。
    名前:おっとさん 投稿日:2017/10/07 18:19:50
  • 役者の立ち位置や動き、構図が舞台のようで引き込まれた。展開が丁寧で、安心して作品に入り込めた。
    特に、主人公の家の広いリビングルームでの場面は、重役同士の社内の権力闘争の会話シーンや、犯人との電話でのやり取りなどの場面の舞台となっていたが、広いスクリーンの上手から下手までを、まるで一つの舞台劇を見せるように使っていて、映画館で見るから伝わってくることや感じる部分があることをとても感じた(舞台演出の勉強になると思った)。
    昔の作品は本当に丁寧に作り込まれていて、 細かなところに、あるべき意図を感じた。
    映画館で落ち着いて見ると、作品が公開された当時の観客の受けとめ方に近づくことができるのではないかと思ったりするが、改めてそう感じさせた映画だった。

(承認制につきまして)

  • 「午前十時の映画祭」のBBSは映画祭運営事務局の「承認制」です。
  • 書き込み後、すぐには反映されません。
  • 承認されなかった書き込みについての「未承認」の通知は致しませんので、
    1週間以上表示されない場合は「未承認」となります。
  • 以上の「承認制」をご理解の上、「みんなのこえ」をご利用ください。

【書き込み時の注意事項】

  • 午前十時の映画祭の趣旨に沿った内容を書き込みしましょう。
  • “話題”を新規設立する場合は、既に似たような“話題”がないことを確認しましょう。
  • 言葉はできる限り柔らかく表現をしましょう。
  • 議論は歓迎です。しかしながら、他の人が気分を害するような言い合いは自重してください。
  • 個人情報は他人、自分関わらず決して載せないでください。
【この話題に投稿する】

このページの先頭へ