「子供たちの時間」というのは誤解与えるかも - 「泥の河」

  • 1. 「子供たちの時間」というのは誤解与えるかも
    名前:日本映画ファン 投稿日:2017/03/16 18:39:47
  • 『泥の河』が上映作品に加わった事に感謝していますが、正直「子供たちの時間」というくくりに少々違和感得ました。
    確かに子供たちは出演しているが、決してお子様映画ではない。子供の目を通して見る大人たちの世界の、「もはや戦後ではない」と言われた昭和30年代初頭の取り残されて行きつつある社会に生きる人々の物語ではないか。加賀まりこさん絶品です!
  • 2. 完成度の高い幻の邦画
    名前:五月雨 投稿日:2017/04/01 11:27:08
  • 河面の光がとても印象的。大阪弁が美しい。時代の空気感が伝わってくる。忘れられない加賀さんの静謐な妖艶さ。きっちゃんが生きたカニに火を放つ・・お姉ちゃんが呟く「お米はぬくいんやで・・」。ゆったりとした時間の流れの中にも、緊張感あるエピソードが織り込まれています。地味な作品ですが、ぜひ映画館で鑑賞したい名画です。

(承認制につきまして)

  • 「午前十時の映画祭」のBBSは映画祭運営事務局の「承認制」です。
  • 書き込み後、すぐには反映されません。
  • 承認されなかった書き込みについての「未承認」の通知は致しませんので、
    1週間以上表示されない場合は「未承認」となります。
  • 以上の「承認制」をご理解の上、「みんなのこえ」をご利用ください。

【書き込み時の注意事項】

  • 午前十時の映画祭の趣旨に沿った内容を書き込みしましょう。
  • “話題”を新規設立する場合は、既に似たような“話題”がないことを確認しましょう。
  • 言葉はできる限り柔らかく表現をしましょう。
  • 議論は歓迎です。しかしながら、他の人が気分を害するような言い合いは自重してください。
  • 個人情報は他人、自分関わらず決して載せないでください。
【この話題に投稿する】

このページの先頭へ