三船敏郎の魅力を伝える、誠実味溢れる映画 - 「野良犬」

  • 1. 三船敏郎の魅力を伝える、誠実味溢れる映画
    名前:おっとさん 投稿日:2017/10/28 19:15:35
  • 戦後のまだ闇市のあった頃が舞台。
    緩急が巧みに織り交ぜられた展開に、自ずと村上刑事に感情移入する。
    特に引き揚げ兵のような姿(?)を装って闇市で拳銃の売人を探すシーンでは、
    村上の焦りや苛立ちをよく感じた。
    全編で感じたことは、最初から最後まで、三船敏郎がもう格好いい。骨太感のある体格と、野性味のある鋭い表情に加え、主人公の誠実な性格が相まって、あまりにもカッコいい。こんな俳優にもう一度出会いたい。そう感じさせる存在感がある。
    蒸し暑さがしっかり伝わってきた演出にも拍手したい。
    ダンサーたちの荒れた息に満ちた楽屋の蒸し暑さや、炎天下の捜査の様子など、場面の違いによって、感じる暑さの質の違いが上手く表現されていたと思う。
    劇中、復員して日本に帰ってきたときにリュックを盗まれたという、犯人と同じ経験をしていたエピソードが村上から語られる。このセリフはおかげで、最後の追跡・格闘シーンの中での両者の感情の動きをブレずにキャッチできたのだと思う。

(承認制につきまして)

  • 「午前十時の映画祭」のBBSは映画祭運営事務局の「承認制」です。
  • 書き込み後、すぐには反映されません。
  • 承認されなかった書き込みについての「未承認」の通知は致しませんので、
    1週間以上表示されない場合は「未承認」となります。
  • 以上の「承認制」をご理解の上、「みんなのこえ」をご利用ください。

【書き込み時の注意事項】

  • 午前十時の映画祭の趣旨に沿った内容を書き込みしましょう。
  • “話題”を新規設立する場合は、既に似たような“話題”がないことを確認しましょう。
  • 言葉はできる限り柔らかく表現をしましょう。
  • 議論は歓迎です。しかしながら、他の人が気分を害するような言い合いは自重してください。
  • 個人情報は他人、自分関わらず決して載せないでください。
【この話題に投稿する】

このページの先頭へ