みんなのこえ

作品についての話題一覧全ての話題をみる(76件)

話題名 作品名 返信数 最新返信日時
教えてください 七人の侍 2 2018/07/12 19:59:21
椿 三十郎 用心棒 1 2018/07/08 16:10:27
「用心棒」の美味しさをもう一度味わいたいという期待を満たしてくれました。 椿三十郎 1 2018/07/07 14:19:48
シンガロングですか? グリース 1 2018/07/06 13:28:44
4K用心棒 用心棒 5 2018/06/24 16:35:13

作品についての話題一覧はこちら

みんなのこえ 最新投稿

『七人の侍』の投稿

教えてください
教えてあげましょう!

なぜ引き込まれてしまうのか?黒澤映画の凄さはまさにそれなんです。いつの間にか、いやすでにタイトルシーンからやられてしまうのです。強烈なシチュエーションバリューがあるんですね。
これは面白そうだ!とイメージさせるパワーがいきなり五感にガン!と来るんですね。そこらの凡百の映画と違うのはそこなんですよね!理屈ではない力ですよね。

話題をすべてみる

『用心棒』の投稿

椿 三十郎
椿 三十郎

大学時代に黒澤明映画をまとめて見ました。
が、音声が悪く、特に三船敏郎が、何を言ってるか 全く聞き取れ無い状態。
最近、本屋でも黒澤明映画のDVD、復刻パンフレット、解説本が出ていて“7人の侍”を買ったけど、やはり音声は聞き取れない。
今回の午前十時の映画祭で、“椿三十郎”は全ての台詞は普通に聞き取れるし、画像も綺麗。
黒澤明全作品の上映を期待します。

話題をすべてみる

『椿三十郎』の投稿

「用心棒」の美味しさをもう一度味わいたいという期待を満たしてくれました。
「用心棒」の美味しさをもう一度味わいたいという期待を満たしてくれました。

「用心棒」に比べて、相手に巧みに対峙する策士の姿が強い感じがしたが、台詞のキレと見事な立ち回りのシーンがほどよく散りばめられていて、期待していたご馳走をきちんと用意してくれていると感じた。
また、コミカルさも増していて、肩の力を抜いて楽しく観ることができた。
冒頭の、刀を抜かずに何人もの敵を倒し圧倒していく立ち回りが、三十郎の性格も感じられて一気に入り込めた。それを見た室戸が力量を見抜き、引き揚げていくのも、これからの展開を期待させる出会いだった。
若侍たちの愚かさとの対比が三十郎をさらに引き立たせていた。捕らえられた4人の若侍たちを助けるシーンの殺陣がストレートで見事だった。
ラストシーンの刀捌きが凄い。初見の衝撃を思い出す。あっという間の出来事で、どんな風に抜いて切っているのか何度も見ていてわかっているけど、何度も見てみたい。無理だけど、このシーンの記憶を無くして、初見の衝撃を映画館の4Kで味わいたい。
「ギラギラして抜き身の刀みたい」というセリフがそのまま違和感なくその通り感じられるのは、三船だからだと思う。やはり厚みを感じる背中がカッコいい。
個人的には今は「用心棒」の強い孤独感が好きです。

話題をすべてみる

『グリース』の投稿

シンガロングですか?
シンガロングですか?

シンガロング(Sing-a-long)ですか?

話題をすべてみる

『用心棒』の投稿

4K用心棒
なんちゃってスコープ

今日観に行った映画館ではビスタサイズのスクリーンで昔のテレビみたいに上下をカットした状態で映写していました。
せっかく10スクリーン以上のシネコンでやってるんですからスコープサイズの画面で観たかったですね。
映画の内容は最高でしたしせっかくの4Kなのにちょっと損した気分です。

話題をすべてみる

このページの先頭へ