「七人の侍」の話題TOP

新規話題作成 必ず利用規約を了承したうえでご利用ください。

話題名 返信数 最新返信日時
モノクロームの素晴らしさ そしてこの映画を支えるもの 2 2018/06/10 17:48:29
教えてください 1 2018/04/11 06:14:52
4Kリマスター。この企画のためですか? 1 2018/03/16 17:46:48
今日で最終回 1 2016/11/04 13:11:24
『七人の侍』オタクでもデジタルシネマ一層堪能できる! 1 2016/10/29 00:24:31
すべての話題をみる(13件)

作品についての話題TOPへ

モノクロームの素晴らしさ そしてこの映画を支えるもの

何度観ても見どころが尽きない映画です。

登場人物それぞれの登場シーンが自然で巧みだった。
百姓たちが宿場町で侍を探すなかで、人質をとった盗人を通りすがりの侍が倒す場面に出くわす。この騒ぎの展開のなか、関心を寄せる群衆のうちの一人として、主要人物のうちの二人がその性格を表現しながら少しずつ登場する。あくまでも勘兵衛の活躍を見る群衆の一人として登場させているところが素敵だった。
この場面の勝四郎と菊千代のそれぞれの表情の変化にとてもワクワクした。

最初に心をうたれたのは、勘兵衛が百姓の依頼を受け入れるところ。「この飯、疎かに食わんぞ」という勘兵衛の言葉の直前に発せられる人夫の台詞。前段で百姓を口汚く小馬鹿にしていたが、同じような身分の低い境遇に置かれている者として、百姓の心情を代弁する重要な役割を果たしていた(この場面がとても好きです。お椀に盛った白い飯を食べる時、たまにこのシーンを思い出します)。

4Kでよかったと思うところが、雨中の決戦時に野武士の首領(?)を倒した菊千代が倒れた直後のカットで、尻から脚全体にかかっていた泥が雨粒の一つ一つに流されて、次第に太ももの白い肌が綺麗になっていく様子が、戦いの凄まじさにリアリティを感じさせ、このキャラクターに対する思い入れからくる悔しさと、ああ息絶えた、という感情が思わず湧いて出た。
久蔵が撃たれた後、倒れる直前に刀を投げたのは、その方角 から弾がきたことを仲間に伝えるためだったのだと思う。自分は息絶えても敵を倒すのだという、最後まで自分を磨き上げた侍としての「気」をあの行動から感じ取ることができた。また、その時の勝四郎のテンションの高い叫びが、更に壮絶感を増して、より感傷的にさせられた。

音声もこれまで聞き取りにくかった部分の台詞がよくわかるようになっていて、かなり得した気持ちになりました。また観たいです。

話題をすべてみる

教えてください

教えてください

決して熱心な映画ファンでない私ですが、この作品にしても用心棒や椿三十郎にしても、何度見ても、しかもTVでDVDなのに本当に引き込まれるように見てしまいます。
何故、こんなに魅力的な映画なのかどこが魅力的なのか知りたいのです。
ご説明できる方、是非教えてください。お願いします。

話題をすべてみる

4Kリマスター。この企画のためですか?

4Kリマスター。この企画のためですか?

以前 黒澤久雄クロパンが、東宝にリマスターを希望しているが、そのように手を入れるべきではないと一蹴された、こちらが経費を提供してもいいのだが、とおっしゃってましたが、いつの間に4Kとなったのでしょうか。とにかく念願叶いまして誠におめでとうございます、とお伝えしたいです。いかなる画像となっているか、もう飽く程観た作品ですが、確かめには行こうと思っています。

話題をすべてみる

今日で最終回

今日で最終回

職場でも強く薦めてみてんけど
 昔のモノクロの名作
ということで閾値が高くなっているようで

未成年の家族も
それなりにヨカッタと言ってくれてるから
面白さは
決して私の独りよがりではないと思うんやけど

そんな劇場版「七人の侍」も
今日(11/4)の午前十時の回をもって終了

まぁそのうち今回の4Kバージョンも
円盤とかリリースされるんやろけど
劇場で観るのと
ホームシアターで観るのと
やっぱチャウと思うねんけどなぁ

話題をすべてみる

『七人の侍』オタクでもデジタルシネマ一層堪能できる!

『七人の侍』オタクでもデジタルシネマ一層堪能できる!

4Kデジタルリマスターで生まれ変わった黒澤明の名作!
完全なリマスターでもう映像のディテールが分かりやすい!
エンディングはなんと言っても雨の最終決戦!
でもどうせ4KリマスターをやるならIMAGICAにしたらいいのに。
七人の侍4Kデジタルリマスターをブルーレイ化したらいいなぁ。
今度用心棒の4KデジタルリマスターをIMAGICAでお願いします!
期待してます!

話題をすべてみる

新規話題作成 必ず利用規約を了承したうえでご利用ください。

このページの先頭へ