「トップガン」の話題TOP

新規話題作成 必ず利用規約を了承したうえでご利用ください。

話題名 返信数 最新返信日時
やっぱりドハマり[トップガン] 1 2018/09/17 15:41:44
空中戦の緊迫感が、主人公の心情をより深く感じさせる 1 2018/09/17 13:58:04
度量衡は統一してくださいね。 1 2018/09/08 13:44:22
絶対に観たい! 1 2018/08/26 14:21:33
懐かしさとワクワク感 1 2018/06/18 23:58:45
すべての話題をみる(7件)

作品についての話題TOPへ

やっぱりドハマり[トップガン]

やっぱりドハマり[トップガン]

トップガン やっぱりドハマり。
なにがなんでも、何をさておいてもトムクルーズの出世作。
当時は3回。今回は、、、観られるだけ観ようと思う。
初々しさもあどけなさも残るトム。文句なしにかっこいい。
脇の名優さんに守られた映画なのかもしれないが、それでもいい。
できれば毎年上映してほしい。

話題をすべてみる

空中戦の緊迫感が、主人公の心情をより深く感じさせる

空中戦の緊迫感が、主人公の心情をより深く感じさせる

できるだけ大きなスクリーンでの上映を配慮したようで、館内に入って着席したとき、視野いっぱいに広がる画面に、とても嬉しくなった。
公開時は学生時代で、あまり考えずに見ていた。当時は「空中戦の緊迫した臨場感」と、トム・クルーズのカッコよさが強く印象に残った作品だった。
今回の鑑賞では、それらの緊迫感は、戦闘機の爆音とコックピット内のパイロットのやりとりや戦闘機の動きが、冗長感なく編集されていたからなのだろうと感じた。
今回ももちろん初見時のインパクトは色褪せはしなかったが、登場人物の内面を感じ取ることを意識して鑑賞したせいか、「できる人」の、プロ意識を持つに至る過程について、主人公だけでなくその周囲にいる者の心情も考えることができた。プロは自分で適切な意思決定ができる力を持つもののことなのだと感じた。「細かいところまでは描ききらない」程よさが、観客がいろいろと思いを巡らせることができることに成功していると思う。
悪意のある人は一人も描写されていないことや、登場人物のそれぞれの事情について触れられていることが少ないので、続編でどんなことが明かされていくのかを楽しみにしている。

話題をすべてみる

度量衡は統一してくださいね。

度量衡は統一してくださいね。

戸田奈津子の知識不足から来る誤訳のせいで、かなりの興醒めでした。

海と空では1mile=1852mなのですが、全て陸の1mile=1609mで訳されています。

そのくせ、1knot=1.852km/hで訳されています。

映画祭に持ち込む前に翻訳家を変えて字幕再作成、というわけにはいかなかったのでしょうか。

話題をすべてみる

絶対に観たい!

絶対に観たい!

トップガン…くどいと言う人もいると思いますが、
テレビで観るのとは訳が違います。
バックトゥザフューチャーな等、この時代は今の様なCG主体ではなくても、
今でも名作と言える映画がたくさんありました。
バイク乗りやジーンズに白Tの影響を受けたのは、この映画を観てからです。
大音量と大画面。いいじゃないですか!楽しみです!

話題をすべてみる

懐かしさとワクワク感

懐かしさとワクワク感

高校生の時ある映画を見ていて予告編を見た瞬間 前売券を買いにいきました。そして初めて映画館で二度見たのがトップガンでした。戦闘機の爆音とケニー・ロギンスの曲がかっこよくてサントラも買ってずっと聴いてました。家のテレビも大画面になったとはいえやはりスクリーンで見たい映画です。今から楽しみです!

話題をすべてみる

新規話題作成 必ず利用規約を了承したうえでご利用ください。

このページの先頭へ