衝撃的作品。 - 「裸の島」

  • 1. 衝撃的作品。
    名前:江戸川きょうちゃん 投稿日:2018/03/29 23:28:02
  • 『裸の島』をビッグスクリーンで鑑賞出来るなんて、思ってもいませんでした。以前、名画座で鑑賞して忘れられない衝撃を受けました。台詞は無く、音楽が一曲流れいているだけにのに、引きずりこまれている自分。そして、脇役をやらせたら右に出る者がいないと言われる殿山泰司氏の名演技が燦然と輝いている名作。とにかく、うれしい!!間違いなく同期間中、2回は観に行くでしょう。
  • 2. 小島を「家」として暮らす家族の淡々とした慎ましさ。
    名前:おっとさん 投稿日:2018/12/09 18:55:14
  • たった一家族だけが住む小さな島。斜面を縫うように踏みつくられた狭い坂道を、夫婦がそれぞれ水桶の吊るされた天秤棒を担いで慎重に登っていく。登場人物は一言も喋らない。唯一、父が子どもを抱き上げた時の掛け声だけである。足音や水の揺れる音、植えられている苗に杓で水を与える音、息遣いなどの生活音のみがクローズアップされ、生活それ自体に注目させられていく。
    その中で感じられてきたのは、生きること。ただ淡々と生きる。時折アップで映し出される夫婦の顔や胸元の汗に、「生きるために生きる」真摯さがこめられているようで、強く印象に残った。
    子どもが釣った鯛を街に売りに行き、手に入れたお金でほんの少しの贅沢をする。カレーライスが美味しそうだった。わずかな笑顔のシーン。何と慎ましいことか。それだけに、子どもを亡くした出来事が、観ているこちらにもかなりショックだった。
    大切に運んだ水桶を畑にぶちまけて芋の苗を引き荒らし、畑の土に倒れこんで泣き崩れるシーンには、なんとも言いようのない悲しみを感じた。ただ、いったんは感情を吐き出したが、その後はまた淡々と水やりを始める。ふと気づかされたのは、生きていくことについて、幸福とは何かについて、本質的に考えようとしている自分がいることだった。

(承認制につきまして)

  • 「午前十時の映画祭」のBBSは映画祭運営事務局の「承認制」です。
  • 書き込み後、すぐには反映されません。
  • 承認されなかった書き込みについての「未承認」の通知は致しませんので、
    1週間以上表示されない場合は「未承認」となります。
  • 以上の「承認制」をご理解の上、「みんなのこえ」をご利用ください。

【書き込み時の注意事項】

  • 午前十時の映画祭の趣旨に沿った内容を書き込みしましょう。
  • “話題”を新規設立する場合は、既に似たような“話題”がないことを確認しましょう。
  • 言葉はできる限り柔らかく表現をしましょう。
  • 議論は歓迎です。しかしながら、他の人が気分を害するような言い合いは自重してください。
  • 個人情報は他人、自分関わらず決して載せないでください。
【この話題に投稿する】

このページの先頭へ