「パリの恋人」字幕翻訳についての不安 - 「パリの恋人」

  • 1. 「パリの恋人」字幕翻訳についての不安
    名前:オードリーのファンです 投稿日:2018/06/16 16:03:32
  • 「パリの恋人」上映に関しては1つ大きな不安があります。それは字幕について。

    「パリの恋人」市販のDVD及びBlu-rayでは字幕が高瀬鎮夫さんになっています。がこれが残念ながらかなり古い、大時代的な翻訳です。
    もしかしたらそれがそのまま字幕で上映されるのかと…。

    高瀬鎮夫さんは1982年に他界されてらっしゃいますので、市販の翻訳は1957年初公開時か1966年リバイバル時の翻訳台本か何かから字幕が制作されていると思うのですが、今となっては “え?” と思う翻訳の箇所が多いです。

    最初の方でマギーが “Think Pink!” を歌う箇所で、色の名称が、とび色トキ色カバ色お断り!みたいになっているのですが、今の時代観客がどんな色かわかりません。
    調べるととび色は英語ではベージュと言われています。今はベージュの方がずっと一般的だと思われます。
    トキ色は調べるとサーモン色、カバ色は茶色系です。
    それってどんな色?と観客の注意が削がれるような翻訳はどうかと思うのですが…。

    さらにその少し前に英語のDで韻を踏んでいる部分も直訳なのか、面白みが伝わりません。
    吹き替え版の翻訳の桜井裕子さんの方は“ダメのDに騙すのD”といった風にきちんとDも絡めて翻訳されています。

    後半の歌でもスプーンと訳せばいい部分が “さじ” と訳されていて、今の時代にはもう合っていません。

    高瀬鎮夫さんは“君の瞳に乾杯!”などの名セリフを残された名翻訳家ですし、「暗くなるまで待って」なども素晴らしいですが、
    「パリの恋人」に関してはあまりよくありません。

    1950年代の観客には良かったかもしれませんが、いまの観客は取り残されると思います。
    できれば現代の言い方に直した翻訳にしていただきたいです。

    ちなみに、ビデオテープやLDの時代には別の方の翻訳がついてあり、Dの問題や色の問題もきちんと今風に訳されていました。
    オードリーファンの間でも前の(ビデオ時代の)方の翻訳が良かった…という声が多く聞かれます。

    せっかく劇場で観れてもガッカリしないように、新しい翻訳だといいなあと思っています…。
  • 2. 
    名前:私もオードリー好きです。 投稿日:2018/09/25 14:15:53
  • 古い映画を見る際に、翻訳も古いままというのはよくあることで、それも含めて「映画」ではないかと思います。
    古い言葉が現代人に通じないからといって現代風に置き換える・・・というようなことをしていると語彙が貧弱な若者が増えるのではないでしょうか。
    とび色、理解できないなら調べればいいのです。
    とび色、とき色、美しい日本語です。源氏物語にも出てきます。
    日本映画でも時代劇でも現代では一般的でない言葉はたくさんあります。
    ???と思ったら調べて知識を増やせばいいのです。私もそうやって知識を増やしてきました。
    スプーンが「さじ」だとわからない?「さじ加減」などの言葉は今でも使われています。
    英語もそうです。オードリーらが使っている英語は今とは違うもの、違うアクセントだったりします。
    それも含めて「映画」です。当時の空気、雰囲気を味わういい機会。
    低きにあわせる必要はないのではないでしょうか。
  • 3. そうですか?
    名前:オードリーのファンです 投稿日:2018/10/03 16:16:04
  • 語彙が貧弱、とかっていう問題は映画とは関係ないような…(笑)

    映画を見ている最中に字幕で興が削がれる、というのでしょうか?
    そちらを心配しています。

    確かにとび色トキ色、調べればいいのですが、それは劇場での楽しみ方ではないと思います。
    正直、家のブルーレイでも見てもらっていただければ…。
    劇場ではその映画に浸って欲しい。それが翻訳の古さで阻まれるのはどうかな?ということなんです。

    時代時代でスタンダードは変わるもので、昔は普通に意味が通っていたものが現代では理解されない場合、
    やはりわかりやすくするのは仕方のないことだと思います。

    上でも書きましたが、Dの翻訳などもあまりよろしいとも思えません。
    それにこちらは “スプーンが「さじ」だとわからない” などということは一言も書いていませんよ?
    2つの別の文章から持ってきて合成し、人を貶めるような歪ませかたはどうでしょうか?

    現代での万人に通じるように翻訳を改善するのは別に“低き”に合わせるわけではないと思います。
    だいたい“低き”などという言い方がちょっと…。

    別にとび色がベージュ、さじがスプーンになっても“低くなった”とは全く思いません。
    (それこそ「さじ加減」を「スプーン加減」と言い換えろと無茶を言っているのではありませんし…)

    それに昔の映画でも字幕の体裁もすでに変わっていますよね?
    昔の字幕は縦書き・3行以上という、スタンダードサイズの画面なら画面の半分くらいを占領するような字幕もあったのですが、
    90年代くらいからは見やすいように下側、横書き、2行まで、などと変わってきています。

    カラーの発色もそうです。
    昔のテクニカラーはもっと鮮やかな、彩度の高い色付けのはずですが、今では昔の映画は “リマスター” と称して、
    現代風の彩度・明度の低い、黒潰れ気味の色彩になってしまっています。
    時代が変わってしまって、必ずしも昔と同じ環境で見ているわけではないです。

    それと、この午前十時の映画祭は“高い”人に合わせているだけでもないと思います。
    例えば「パリの恋人」だったら年齢層の高い昔のオードリーファンだけでなく、
    子供や孫の中学生を連れて行って、それでも違和感なく一緒に楽しんでもらえるような、
    万人が見て笑って楽しめるような字幕をと願っています。
    もともと「パリの恋人」はそういうロマンティック・コメディですし。

    そうして新しいオードリーファンが生まれればいいなあ〜と思っています。
    ただ、決して崩した若者言葉がいい、とかでは全く無いので、その辺は誤解なきようにお願いします。
    それでも「私もオードリー好きです。」さん、レスいただきありがとうございました。
    コメが付いて嬉しかったです。
  • 4. 日本語訳について
    名前:オードリーはエレガント 投稿日:2018/10/04 11:18:19
  • 「パリの恋人」はオードリーの魅力が良く出た作品の一つですね。
    私はレンタルビデオで一度観ましたが、印象は薄いですね。オードリーにしては当たり前
    のような内容で。

    今回の上映で観に行こうか迷っています。オードリーの歌も吹き替えではなくオードリー自身
    の歌声も聞けますし、映画館で観たことはありませんし。

    今から35年ほど前に、映画のラジオ番組で歌うスターの特集を放送していました。
    歌うスターの歌を流してコンテストをしていたのですが、オードリーの歌は「パリの
    恋人」からで、鐘ひとつのみ、落第でした。オードリーは歌えるスターではないので、仕方が
    ないのですが。ちなみに、ジュリーアンドリュースからは、「テン」からの曲で、もちろん、
    合格の鐘3つでした。

    ところで、字幕の翻訳について意見が出ていますが、現代の翻訳の方が、より、もともとの
    意味に近づいているような気がします。熱烈なオードリーファンなら、翻訳内容も気がかりですよね。

    映画「サウンドオブミュージック」のドレミの歌などは、本当にひどく?て、オリジナルの歌詞内容とは
    全く違った翻訳になっていました。「サウンドオブミュージック」は1965年公開の映画ですが、日本では
    1985年のリバイバルまで、ずっと、その内容でした。オリジナルの歌詞どうり字幕になったのは、私の
    記憶をたどる限り、2004年の40周年リバルの時だったと思います。なにせ、1985年までは、ドは
    ドラムのド、レはレンズのレ、ミはミルクのミ、ファはファンファーレ・・・・。

    最後に、「パリの恋人」の一番の見どころは、オードリー自身の生歌が聴けることではないでしょうか?
    ところで、この作品では、何曲歌っているのですか?

(承認制につきまして)

  • 「午前十時の映画祭」のBBSは映画祭運営事務局の「承認制」です。
  • 書き込み後、すぐには反映されません。
  • 承認されなかった書き込みについての「未承認」の通知は致しませんので、
    1週間以上表示されない場合は「未承認」となります。
  • 以上の「承認制」をご理解の上、「みんなのこえ」をご利用ください。

【書き込み時の注意事項】

  • 午前十時の映画祭の趣旨に沿った内容を書き込みしましょう。
  • “話題”を新規設立する場合は、既に似たような“話題”がないことを確認しましょう。
  • 言葉はできる限り柔らかく表現をしましょう。
  • 議論は歓迎です。しかしながら、他の人が気分を害するような言い合いは自重してください。
  • 個人情報は他人、自分関わらず決して載せないでください。
【この話題に投稿する】

このページの先頭へ