「パルプ・フィクション」の話題TOP

新規話題作成 必ず利用規約を了承したうえでご利用ください。

話題名 返信数 最新返信日時
選曲の素晴らしさ 1 2019/02/14 18:00:19
感想 100/100 (点) 1 2019/02/05 15:43:43
一つ一つのエピソードが、輻輳的な繋がりをもって捉えられ、別々に描かれることで、表現されていない「画面の外の部分」をしっかり感じさせてくれる作品でした 1 2019/02/02 16:56:25
神映画 1 2019/01/29 20:15:53
マイベスト 2 2018/12/03 11:29:24
すべての話題をみる(6件)

作品についての話題TOPへ

選曲の素晴らしさ

選曲の素晴らしさ

この映画に限らずタランティーノは選曲が素晴らしい
映画の半分は音楽で出来ていると言った人がいたけどそこまで大袈裟じゃないにしてもタラ映画の良さはこれ抜きにしては語れないと思う。
別に映画館で観なくてもいいと思わせる映画が増える中、この作品は是非映画館の音量で体験したいものの一つ。
期間中に3回は観に行っちゃうかも(笑)

話題をすべてみる

感想 100/100 (点)

感想 100/100 (点)

Q・タランティーノ監督作品
ファミレス強盗(プロローグ)の曲はタランティーノの選曲センスが爆発してました
時系列はバラバラで(!?)となるシーンが多かった(笑)
ジョン・トラボルタが踊ってる所はサタデーナイトフィーバーだし、ユマ・サーマンのヘロインのシーンはリアルだし
ブルース・ウィリスが日本刀で殺陣やるしw Q・タランティーノワールド全開ww
だがそんなタランティーノが好きだ!
生理的に無理なシーンもギャグとして成立させるから!
時系列も知らず観たら絶対面白い
そんな僕は初鑑賞(;´▽`)
普通に映画が始まり鑑賞が終わりトラボルタが死ぬシーンはΣ( °◇° )となりました
そして満足‼⁽⁽٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾
Wiki〇ediaを見て時系列確認…すると(*゚O゚*)))←こんな顔になりました
Q・タランティーノの映画は一石二鳥!観るなら今です!

話題をすべてみる

一つ一つのエピソードが、輻輳的な繋がりをもって捉えられ、別々に描かれることで、表現されていない「画面の外の部分」をしっかり感じさせてくれる作品でした

一つ一つのエピソードが、輻輳的な繋がりをもって捉えられ、別々に描かれることで、表現されていない「画面の外の部分」をしっかり感じさせてくれる作品でした

登場人物のそれぞれの事情が、エピソードが重ねられるなかで深まり、明らかになっていく構成が巧みだった。また、作品の真ん中付近で始まる金の腕時計のエピソードが、それぞれの人物の関係性を別の側面で捉えさせ、より作品の世界に広がりを持たせていた。
パルプなエピソードのなかに、それぞれの人としての思いや性格が感じられる部分が描かれていて、ギャングとしての振舞いを否定的な感情だけで見るのではなく、その世界にも入り込んで観続けることができた。
途中でジョン・トラヴォルタが 呆気なく死んでしまうのには驚いた。この場面でヴィンセントとジュールスの、組織の中で置かれた立場の小ささを改めて感じた。
最後の場面は、ずっと緊迫感が続き、その場の雰囲気に置かれ続けた。このシーンはそれまでのエピソードで積み上げられてきた設定や、人物像・事情が全部生かされていたように思う。最後のシーンが最も描きたかったものだったのかもしれない。このための映画なのかもと思わせた。

話題をすべてみる

神映画

神映画

1990年代の神映画、この作品は死ぬまでに見てほしい!
だけどどうせR15+だろ…
と思った人!
PG12なのでこの神映画を子供にも見せる事ができます(グロ耐性ある人のみ)
初洋画の人も!ファンの人も!
劇場でこの映画を楽しみ共有しあいましょう!

話題をすべてみる

マイベスト

最近友達にオススメされてハマってます
まさか映画館で見れるとは思いませんでした
幸運です

話題をすべてみる

新規話題作成 必ず利用規約を了承したうえでご利用ください。

このページの先頭へ