二人の距離感の変化を感じさせられつつ観たことで、山場の台詞の深みに心が揺れました。 - 「ボディガード」

  • 1. 二人の距離感の変化を感じさせられつつ観たことで、山場の台詞の深みに心が揺れました。
    名前:おっとさん 投稿日:2018/08/04 14:04:20
  • He is my bodyguard! (だったと思う)
    との最後の台詞に、様々な気持ちを載せることに成功している映画だと感じた。
    山場となる一言に、どれだけ意味を持たせるかということについて考えさせられた。

    フランクとレイチェルの二人の関係は、ストーリーが展開されていくなかで、仕事上の関係だけでなく、個人としての関係等、その位置付けが凄く揺れ動いていく。最後はその両方を含んだ形で、それぞれが同じくらいの距離感の関係を認め合って別れていく。この距離感の具合がとても好感が持ててよかった。いい終わり方だと思った。

    フランクの振舞いの雰囲気は、黒澤明監督の「用心棒」の三船が醸し出す、控えめだが、いざ力を発揮するとなると際立っているという部分は共通した感があった。緩急の加減がよかった。
    また、仕事としてのプロフェッショナルな姿と、フランクの人間性が違和感なく受け止められる演出だった。
    フランクの行きつけの店で二人がダンスをする場面で、レイチェルがフランクの首元に頬を寄せるシーンがとても自然で美しく感じた。このアングルで情景を切り取ることで二人の気持ちの近づき具合をよく感じることができた。素敵な写真としたいシーンだった。
    久しぶりにホイットニー・ヒューストンの歌声を聞いて、また聴き直したいと思いました。

(承認制につきまして)

  • 「午前十時の映画祭」のBBSは映画祭運営事務局の「承認制」です。
  • 書き込み後、すぐには反映されません。
  • 承認されなかった書き込みについての「未承認」の通知は致しませんので、
    1週間以上表示されない場合は「未承認」となります。
  • 以上の「承認制」をご理解の上、「みんなのこえ」をご利用ください。

【書き込み時の注意事項】

  • 午前十時の映画祭の趣旨に沿った内容を書き込みしましょう。
  • “話題”を新規設立する場合は、既に似たような“話題”がないことを確認しましょう。
  • 言葉はできる限り柔らかく表現をしましょう。
  • 議論は歓迎です。しかしながら、他の人が気分を害するような言い合いは自重してください。
  • 個人情報は他人、自分関わらず決して載せないでください。
【この話題に投稿する】

このページの先頭へ