実施概要

「午前十時の映画祭」9回目を開催します。4月からの1年間も珠玉の傑作映画を劇場で。

特に素晴らしい傑作娯楽映画を選び、全国の映画館で1年間にわたって連続上映する「午前十時の映画祭」。長年にわたり数多くのお客様にご覧いただき9回目を開催することになりました。
今回もまた粒よりの傑作ぞろい。オープニングは20年前に大ブームとなった『タイタニック』。GW明けは黒澤明監督の傑作時代劇をお楽しみください。夏休みは音楽も魅力の映画特集。年末年始はオードリー・ヘプバーンの『パリの恋人』をお届けします。
「午前十時の映画祭」で初めて上映する外国映画18本、日本映画4本、人気作品の再上映は外国映画4本、日本映画1本の合計27本をラインナップ。
各作品の上映期間は、1作品2週間を基本とし、GWと夏休みに1作品1週間の上映があります。また今回より各作品の上映初日が金曜日となります。ご注意ください。
「午前十時の映画祭9」の何度見てもすごい傑作映画を、映画館という最良の環境で心ゆくまでお楽しみください。

【開催期間】 2018年4月13日(金)~2019年3月28日(木)の全50週間 ※金曜初日に変わりました。
【開催劇場】 全国58ヶ所の劇場・シネマコンプレックス 詳しくはこちら
【上映時間】 毎朝午前十時スタート
【上映期間】 1作品につき、1劇場にて、2週間または1週間の上映
【上映作品】 上映作品は全27作品
・外国映画の新セレクト作品/18本
・日本映画の新セレクト作品/ 4本
・これまで映画祭で上映した外国映画作品/4本
・これまで映画祭で上映した日本映画作品/1本
【鑑賞料金】 1作品につき、一般 1,100円/ 学生 500円(税込み)※特別興行につき、各種サービス・割引はございません。
【作品選定委員】 襟川クロ氏/映画パーソナリティ
戸田奈津子氏/映画字幕翻訳者、町山智浩氏/映画評論家・コラムニスト、
武田和氏/川喜多記念映画文化財団 代表理事
【実施体制】
  • 主 催 :公益財団法人 川喜多記念映画文化財団、
    一般社団法人 映画演劇文化協会
  • 運 営 :「午前十時の映画祭」実行委員会
  • 後 援 :文化庁、モーション ピクチャー アソシエーション、
    一般社団法人外国映画輸入配給協会、一般社団法人日本映画製作者連盟
  • 協 力 :(有)アレックス、イオンエンターテイメント(株)、
    (株)オー・エンターテイメント、大阪ステーションシネマ共同事業体、
    佐々木興業(株)、札幌シネマフロンティア、(有)69‘nersFiLM、
    シネマシティ(株)、(株)松竹マルチプレックスシアターズ、スターシアターズ、
    (株)大洋映画劇場、中央映画劇場、(株)ティ・ジョイ、(株)天文館、
    (株)東京楽天地、TOHOシネマズ(株)、中谷商事(株)、中日本興業(株) 、
    日映(株)、(株)MOVIE ON、ユナイテッド・シネマ(株)、東宝東和(株)、(株)エイガ・ドット・コム、(株)東京現像所

このページの先頭へ