作品選定委員

襟川 クロ氏 (映画パーソナリティ)襟川 クロ氏
(映画パーソナリティ)
 
映画祭が9年続く幸せを感じつつ、大好きな名作にスクリーンで再び出会う喜びを噛み締めまくり! “品格”を学んだ『日の名残り』。社会派に目覚めさせてくれた『大統領の陰謀』。珠玉の青春ドラマ『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』etc. 早起きは三文の徳。午前十時は人生の得ね。
戸田 奈津子氏 (映画字幕翻訳者)戸田 奈津子氏
(映画字幕翻訳者)
 
過去の名作を選ぶときの私たち選考委員は、推薦する映画への想いで体が熱くなる。ITが世を席巻し、AIが登場しようとも、「よいものに感動する」という人間のコアの部分は不変だ。そういう想いを初体験、あるいは再体験して頂くのが、この映画祭だ。
町山 智浩氏(映画評論家・コラムニスト)町山 智浩氏
(映画評論家・コラムニスト)
撮影:生津勝隆
『シェーン』! 西部開拓史の汚点「ジョンソン郡戦争」を映画化すべく、ハリウッドのスタジオから飛び出して、現場ワイオミングでロケ敢行!
G・スティーヴンス監督は第二次大戦従軍経験から銃撃をバイオレントに描写!
ペキンパー、ジョージ・ミラー、クローネンバーグ、レフン、そして『LOGAN/ローガン』に多大な影響を与えた偉大すぎる映画が大スクリーンにカムバック!
武田 和氏 (川喜多記念映画文化財団 代表理事)武田 和氏
(川喜多記念映画文化財団 代表理事)
 
有料や無料のネット配信、そしてオンデマンド。映像作品を見る手段は増える一方です。映画館は終わってしまう?いや、今こそ最も贅沢な鑑賞空間である映画館は新たな時代を迎えています。数々の名作映画がその先鞭をつけることを心より願っています。

このページの先頭へ