みんなのこえ

映画祭についての話題一覧全ての話題をみる(23件)

話題名 返信数 最新返信日時
午前十時の映画祭の継続 65 2019/10/21 11:53:13
リクエスト 3 2019/10/12 10:54:03
My Fair Audrey 1 2019/09/25 08:53:18
ありがとう 午前10時の映画祭 1 2019/09/21 07:26:50
劇場いろいろ 2 2019/09/20 18:53:25

映画祭についての話題一覧はこちら

みんなのこえ 最新投稿

『時計じかけのオレンジ』の投稿

この作品を「午前十時の映画祭」に加えてくださったことを感謝します
この作品を「午前十時の映画祭」に加えてくださったことを感謝します

約30年前、公開当時の映倫の要請で黒い丸で修正されたプリントを神戸の名画座で鑑賞し腰を抜かして以来、久しぶりの劇場での鑑賞でした。
デジタル上映のお陰でキューブリック監督の細かいこだわりがはっきりわかり、ただの過激な映画でないことが改めて分かりました。本当、すごい映画です。内容が内容だけに映画祭のラインアップに加えるのにはかなり勇気がいったのではないかと拝察しますが、おかげでこの素晴らしい映画を改めて評価することができました。関係者の皆さんに心より感謝いたします。
平日朝なのに劇場はほぼ満員でした。興行的にも成功と言ってよいかと思います。

話題をすべてみる

『時計じかけのオレンジ』の投稿

名作ではなく
ショック

この作品を映画館で観たのは、私が19歳の大学生の時でした。梅田の大毎地下劇場で
観たのですが、難解そうな題名で自分向きではないと観る前から思っていましたが、
観終わってショックを受けた覚えが有ります。観たかったのは併映の「スターウォーズ」
だったのに、こちらのほうが印象強かったです。

そして、1982年頃だったでしょうか!?
道頓堀の大阪松竹座で「シャイニング」のこの作品の2本立て上映が有りました。
再び、観に行きました。「シャイニング」の方は、ほとんど眠ってしまいましたが、
こちらの方はしっかりと観た記憶が有ります。

十数年前、職場に入った女性が「時計仕掛けのオレンジ」を観て、ショックを受けた
みたいなことをおっしゃっていました。

中古レコード店でこの映画のサントラLPを買いました。

話題をすべてみる

『スティング』の投稿

12回目の幸福を浴びに
いっちよ カモろうぜ

 一流の映画。
ポスターも素晴らしい!
ずっと飾っておきたい。

ジョージ ロイ ヒルの映画
系統だった評論を
あまり見たことがないです。
明日にむかって撃て
スラップ ショット
リトル ロマンス
リトル ドラマー ガール
ガープの世界 他

当然ながら
一流監督。息の長さに驚愕です。

レオンの最後に流れる曲は
来日中の
スティングが歌ってます。

話題をすべてみる

『時計じかけのオレンジ』の投稿

r18だけど深い映画です。
心を見つめない施策が生み出すものについて考えました。

学生時代にリバイバルで観たきりで、当時の印象は、暴力によって快楽を得る若者の話という印象。その動機がよく分からなかったのと、最後のシーンの位置付けが宙ぶらりんのままだった。その辺りが気になりながら30年くらいぶりにきちんとみた。
一般の人たちの生活の全般的な様子は主人公の家の中や深夜の非行行為以外はほとんど描かれておらず、主人公の行動やその周囲の人物の言動を通じて、作品の「世界」には心を蝕むような矛盾が大きく横たわっているのではないかと感じた。
暴力的感情・衝動からくる行動を身体的不快感で封じ込める犯罪者更生の治療により、犯罪者を減らし、刑務所の運営負担も減らすことを意図した施策。それを受けた本人や社会へ及ぼす影響が描かれている。でも、これって更生ではないと思った。
治療後の展開を観て、人の心は、物理的な施策や医学的な操作でバイアスを掛けても、それがために別の歪みを生み出してしまう事があるのではないかということを考えた。

襲われた作家の玄関のチャイムが「運命」であったり、飛び降りて大ケガをしたアレックスがウンウン唸っている声に呼応するように女性の唸り声がすると思ったら、看護師と医師が服を整えながら隣のカーテンの中から現れたりするなど、各所に皮肉を感じさせる部分があった。
改めていろいろと考えさせられて良かったです。見るたびに考える視点が新たに得られそうな作品のように思います。

話題をすべてみる

『スティング』の投稿

何度も忘れて何度も観たい!
何度も忘れて何度も観たい!

神様にお願い事ができるなら…
1番最初とは言わないけど叶えて欲しいことがあります
そう、この映画の記憶をすっかり消し去ってほしい
最後のシーンだけじゃない、最初から全部

この映画を最初に観たのはテレビでだった
当然ながらテレビ版に短縮されておりその当時は子どもだった私は深く考えずに流れる映像をただただ追うように観ていただけ
なんと勿体ない観方をしていたんだろう
最後には身を乗り出してテレビにかぶりつきであった、と同時に後悔した
ちゃんと映画館で最初から最後までじっくり観たかった
知らなかった時に戻りたい、どれだけの心の揺さぶりを知るだろう

まだ観ていない方に言いたい、何も知らずに観てほしいです
そして誰にも言ってはなりません、人に勧めるなら最後まで観た感情を押し殺し ただ「観てね」とだけ言ってほしい
それだけの価値があり惹きつけられる作品だと思います。
観た後に、泣くかもしれない、笑うかもしれない、悔しがるかも、晴れ晴れとするかも、激怒するかも
あらゆる可能性があります、映画は「何も知らずに」が一番 特にこの映画はね
でわでわ

話題をすべてみる

このページの先頭へ