今では公開と同時に「ガイドブック」等が発売されたりしますが、 - 「ゴッドファーザー」

  • 1. 今では公開と同時に「ガイドブック」等が発売されたりしますが、
    名前:ヒッチ 投稿日:2010/02/09 18:39:39
  • 大好きな作品をより理解する為に、原作や関連本を読んだりしてました。

    劇場版以外に、Ⅰ&Ⅱを年代順に編集し未公開シーンを加えた「特別完全版 1901-1959 THE EPIC」というLD(7時間3分)も過去に存在しますが、これほど原作にほぼ忠実に映画化されたものは稀です。

    違いは、“裏切り者”が別人な点と、フランク・シナトラがモデルのジョニー・フォンテーンがアカデミー賞を受賞するシーンが無い点位でしょうか。

    あとは、マイケルがライフルを撃っている写真がパンフレットに掲載されてるのですが、それがどういったシーンなのかが不明です。
    原作では、アポロニアを殺して逃亡してたファブリッツィオを見つけだし、マイケルがライフルで殺すのですが、「特別完全版」で違う殺され方をします。もしかしたら2パターン撮影したかもしれません。どなたか詳しい方いらっしゃいませんか?
  • 2. へぇ~!
    名前:ヒッチ 投稿日:2010/03/30 03:27:13
  • マイケルの初婚は1947年で27歳の時、相手のアポロニアは16歳(その年死亡)。

    原作のマリオ・プーゾが亡くなり、コッポラも続編作る意志は全く無い様ですが、マイケルの海軍時代の戦績に興味ありますね。
    なにしろ日本軍を相手にしてる訳ですから。
    現在「バンド・オブ・ブラザーズ」の姉妹編にあたる太平洋戦線を描いたトム・ハンクス&スティーブン・スピルバーグ製作総指揮「パシフィック」が全米で放送開始され興味津津です。
    もちろんパートⅢのその後も!

    また最近、本作の主要キャストの新作がお蔵入りばかりなので憤慨してます!
    全米で昨年9月公開したパチーノ&デ・ニーロ主演「ライチャス・キル」が、「ボーダー」という邦題で4月からやっと首都圏で公開されるのはまだいい方で、コッポラ監督&ヴィンセント・ギャロ主演「テトロ」や、デ・ニーロ主演「みんな元気」のリメイク版、まだ製作段階ですがマイケル・ラドフォード監督&パチーノ主演「リア王」等、結構話題作あるのに!
    ブラッド・ピット&ジョニー・デップ&トム・クルーズ等の旬な40代俳優の新作を必ず公開するのもいいけど、いまだに新作を心待ちにしてるファンはいる筈です。映画配給関係の方々検討してください!
  • 3. ようやく「謎」が解けました!
    名前:ヒッチ 投稿日:2010/09/22 11:22:03
  • やはりアポロニアを殺したファブリッツィオ殺害シーンは、2バージョン存在します。

    ①「特別完全版」や、BD&DVDの特典映像の未公開シーンに収録されてます。

    ②(原作通り)
    脚本段階では「5大ファミリー暗殺」直後に、シチリア島から抜け出しニューヨークでピザ屋を経営していたファブリッツィオをようやく見つけだし、マイケルが店に入るやいきなり射殺し、わざわざ死体に“銃”を置いてその場を去ります。
    それはシチリア島で、マイケルのボディーガード達(ファブリッツィオも)が携帯していた銃身の短い「ルパラ」という散弾銃です。細かいな~!

    公開当初にロビー用写真やパンフレットに掲載されたのは、この「ルパラ」を持ったマイケルです。
    撮影もちゃんとされたのに、本編でカットされ未だ映像として見る事ができません。
    絶対コチラの方がいいと思うけどな~!「ディレクターズ・カット」で復活して欲しい!

    そういえばアポロニアの父親役は、ピエトロ・ジェルミ作品の常連サロ・ウルツィですね。いい味出してます。
  • 4. 再見
    名前:ヒッチ 投稿日:2011/10/05 19:02:55
  • パラマウントのタイトルロゴが当時のではなく、最近のだったから「あ~これはデジタル・リマスター版で公開されたバージョンなんだ」と直ぐに気付きました。
    その後BD&DVDで発売されましたが、特に「赤色」と「オレンジ色」が際立ってます!
    赤色は、ドン・コルレオーネの礼服の胸元にさしたバラ、プロデューサーのウォルツの血まみれのベッド、マイケルがシシリー島で結婚式を済ませた直後にコルレオーネ邸を訪れたケイの帽子と衣装が
    オレンジ色は、そのまんまオレンジが…PARTⅡのドン・ファヌーチ暗殺時の照明もオレンジ色が印象強かったな~

    関連ですが、日本では初版が1985年に刊行されたマリオ・プーゾ原作「ザ・シシリアン」ですが、思いっきり“ゴッドファーザーのスピンオフ的作風”でした。
    メインはあくまでサルバトーレ・ジュリアーノの話ですが、その前にシシリー島で逃亡生活を送るマイケルの元へドン・コルレオーネから「サルバトーレ・ジュリアーノの国外逃亡の手助けをしろ」との指令が下されます。
    結局は任務を全うできないまま帰路へ着く事になりますが…

    「ザ・シシリアン」は、1987年(日本公開は1988年)にマイケル・チミノ監督「シシリアン」として映画化されました。
    が、もちろんマイケルのエピソードは全て割愛されてます。
    その分、サルバトーレ・ジュリアーノ中心に描けたのに、何か物足りなさを感じる…
    「ライトスタッフ」同様、本作も公開時は1時間55分の短縮版でしたが、その後ビデオで2時間20分の完全版が見れるようになりました。ただコチラは長くなっても意味無かったかな…
    よほど同じ題材なら1962年のフランチェスコ・ロージ監督「シシリーの黒い霧」の方が遥かにイイ!
  • 5. ここのスレでのヒッチさんの情報ホントためになります!
    名前:クウガ555 投稿日:2013/08/07 23:28:32
  • ここのスレの情報はホント知らないことばかりなので「えー、そうなの!」と驚きました。
    特別完全版とか見たいですね。

    原作小説4年前の19才の頃に買ったのに未だに読んでいない不勉強なものですから・・・。

(承認制につきまして)

  • 「午前十時の映画祭」のBBSは映画祭運営事務局の「承認制」です。
  • 書き込み後、すぐには反映されません。
  • 承認されなかった書き込みについての「未承認」の通知は致しませんので、
    1週間以上表示されない場合は「未承認」となります。
  • 以上の「承認制」をご理解の上、「みんなのこえ」をご利用ください。

【書き込み時の注意事項】

  • 午前十時の映画祭の趣旨に沿った内容を書き込みしましょう。
  • “話題”を新規設立する場合は、既に似たような“話題”がないことを確認しましょう。
  • 言葉はできる限り柔らかく表現をしましょう。
  • 議論は歓迎です。しかしながら、他の人が気分を害するような言い合いは自重してください。
  • 個人情報は他人、自分関わらず決して載せないでください。
【この話題に投稿する】

このページの先頭へ