『なんぢらの中、罪なき者まづ石を擲て』 - 「砂の器」

  • 1. 『なんぢらの中、罪なき者まづ石を擲て』
    名前:何回見ても感動して泣いてしまうオヤジ 投稿日:2014/11/04 20:51:59
  •  原作を読み、DVDを観て、感銘を受けて映画のロケ地にも行っていますが、映画館で観たことはありませんでした。色々いわくある映画なので、諦めていましたが、まさか地元の映画館で上映されるとは思いませんでした。TOHOシネマズさんありがとうございました。
     原作読んだ後で映画を観ると大抵ガッカリしますが、これは逆に感動しました。原作者の松本清張が「小説では絶対に表現できない」と高く評価したのに納得できます。原作は推理小説ですが、映画は文学になってるように思います。
     この後の裁判はどうなるのでしょう。加害者は殺人を責められるべきです。しかし、私は彼を追い込んだ社会にも罪の一端があるように思います。世を恨み幸せを信じない加害者の少年時代の視線に耐えられないものを感じます。『なんぢらの中、罪なき者まづ石を擲て』

このページの先頭へ