『なんぢらの中、罪なき者まづ石を擲て』 - 「砂の器」

  • 1. 『なんぢらの中、罪なき者まづ石を擲て』
    名前:何回見ても感動して泣いてしまうオヤジ 投稿日:2014/11/04 20:51:59
  •  原作を読み、DVDを観て、感銘を受けて映画のロケ地にも行っていますが、映画館で観たことはありませんでした。色々いわくある映画なので、諦めていましたが、まさか地元の映画館で上映されるとは思いませんでした。TOHOシネマズさんありがとうございました。
     原作読んだ後で映画を観ると大抵ガッカリしますが、これは逆に感動しました。原作者の松本清張が「小説では絶対に表現できない」と高く評価したのに納得できます。原作は推理小説ですが、映画は文学になってるように思います。
     この後の裁判はどうなるのでしょう。加害者は殺人を責められるべきです。しかし、私は彼を追い込んだ社会にも罪の一端があるように思います。世を恨み幸せを信じない加害者の少年時代の視線に耐えられないものを感じます。『なんぢらの中、罪なき者まづ石を擲て』

(承認制につきまして)

  • 「午前十時の映画祭」のBBSは映画祭運営事務局の「承認制」です。
  • 書き込み後、すぐには反映されません。
  • 承認されなかった書き込みについての「未承認」の通知は致しませんので、
    1週間以上表示されない場合は「未承認」となります。
  • 以上の「承認制」をご理解の上、「みんなのこえ」をご利用ください。

【書き込み時の注意事項】

  • 午前十時の映画祭の趣旨に沿った内容を書き込みしましょう。
  • “話題”を新規設立する場合は、既に似たような“話題”がないことを確認しましょう。
  • 言葉はできる限り柔らかく表現をしましょう。
  • 議論は歓迎です。しかしながら、他の人が気分を害するような言い合いは自重してください。
  • 個人情報は他人、自分関わらず決して載せないでください。
【この話題に投稿する】

このページの先頭へ