Twitterアイコン facebookアイコン

作品詳細

2001年宇宙の旅

後世の映画史に計り知れない影響を与えたSF映画の金字塔

上映日程:2週上映 グループA2021/07/09(金)~2021/07/22(木) グループB2021/07/23(金)~2021/08/05(木)

2001年宇宙の旅 TM & © 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved. 右矢印アイコン映画.com作品情報
原題 2001: A SPACE ODYSSEY
製作国 アメリカ
ジャンル SF
本国公開年 1968年
カラー カラー
上映時間 149分
監督 スタンリー・キューブリック
出演者 キア・デュリア
ゲイリー・ロックウッド
ウィリアム・シルベスター
受賞歴 アカデミー賞 特殊視覚効果賞
映倫区分 G ※

解説

莫大な予算を投じて製作された70㎜シネラマ超大作。アーサー・C・クラークの原作を基に、スタンリー・キューブリック監督が約5年の歳月をかけて映画化。リアリズムとイマジネーションが混然となった壮大な未来のヴィジョンは、70年代の『スター・ウォーズ』『未知との遭遇』などのSF映画ブームに大きな影響を与えた。

物語

人類の祖先が日々生存競争に明け暮れていた時代。彼らの前に正体不明の黒い四角柱が現れる。恐る恐るその表面に触れた彼ら=ヒトザルは、武器を使うことを覚え、進化への第一歩を踏み出した。数百万年後、人類が宇宙進出を果たした未来。アメリカ宇宙評議会のフロイド博士は、月面のクレーターで発掘された黒い四角柱を調査するため、月基地に向かう。博士がその四角柱の表面に手を触れた瞬間、強力な信号が木星に向けて発信され始めた―。

こぼれ話

映画史上の傑作と名高いこの作品だが、1968年のアカデミー賞では、監督賞、脚色賞、美術賞、視覚効果賞の4部門しかノミネートされず、受賞したのは視覚効果賞のみだった。この作品に参加した特撮担当者で、後世の映画史に最も大きな影響を与えたのがダグラス・トランブル。トランブルが指揮を執った『未知との遭遇』(77)、『スター・トレック』(79)、『ブレードランナー』(82)の特殊撮影は、今見直しても古さを感じさせない独特のセンスを感じさせる。

!アイコン上映スケジュールの変更・休止などがある場合がございます。詳細は各劇場公式サイトでご確認いただくか、劇場まで直接お問い合わせください。

※G:年齢にかかわらずどなたでもご覧になれます。
※PG12:12歳未満(小学生以下)の方は、親又は保護者の助言・指導が必要です。
※R15+:15歳以上の方がご覧になれます。
※R18+:18歳以上の方がご覧になれます。