Twitterアイコン facebookアイコン

作品詳細

ファイト・クラブ

90年代の『時計じかけのオレンジ』とも評された狂気と暴力の寓話

上映日程:2週上映 グループA2021/11/26(金)~2021/12/09(木) グループB2021/11/12(金)~2021/11/25(木)

ファイト・クラブ © 1999 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. 右矢印アイコン映画.com作品情報
原題 FIGHT CLUB
製作国 アメリカ
ジャンル ドラマ
本国公開年 1999年
カラー カラー
上映時間 139分
監督 デイヴィッド・フィンチャー
出演者 ブラッド・ピット
エドワード・ノートン
ヘレナ・ボナム=カーター
受賞歴 --
映倫区分 R15+ ※

解説

『セブン』のフィンチャー監督とブラッド・ピットが再タッグを組んだ問題作。一般常識や通常の倫理観とかけ離れた狂気と暴力に満ちた世界は、90年代の『時計じかけのオレンジ』とも評された。アンチ物質主義を唱え、現代の消費社会を嘲笑し、破壊する登場人物の極端な思想と言動によって、今なお賛否両論が絶えない要注意作品。

物語

不眠症に悩む保険会社の若きエクゼクティブ、ジャック(エドワード・ノートン)は、出張に出かけた際、飛行機内でタイラー(ブラッド・ピット)という男と知り合う。タイラーはエステ・サロンのゴミ箱から人間の脂肪を盗み出し、石鹸を作って売っているという素性不明の男。ジャックはタイラーに導かれ、謎の組織「ファイト・クラブ」のメンバーになるが、そこは鍛え抜かれた男たちが拳のみで闘いを繰り広げる野蛮な空間だった―。

こぼれ話

1962年生まれのデイヴィッド・フィンチャー監督は、20代の若さで大企業のCMやマドンナ、ジョージ・マイケルなどトップ・アーティストたちのMTV演出を数多く手がけ、業界から大きな注目を集めていた。しかし、満を持して臨んだ初監督作『エイリアン3』(92)は、制作中から公開までトラブルが絶えず、結果、批評・興行ともに最悪の結果に。それまでの名声は地に堕ちたが、3年後、サイコ・サスペンスの傑作『セブン』(95)で衝撃的な復帰を果たした。

!アイコン上映スケジュールの変更・休止などがある場合がございます。詳細は各劇場公式サイトでご確認いただくか、劇場まで直接お問い合わせください。

※G:年齢にかかわらずどなたでもご覧になれます。
※PG12:12歳未満(小学生以下)の方は、親又は保護者の助言・指導が必要です。
※R15+:15歳以上の方がご覧になれます。
※R18+:18歳以上の方がご覧になれます。