Twitterアイコン facebookアイコン

作品詳細

未来世紀ブラジル

鬼才ギリアムが幻想的なビジュアルで描いたディストピアSF

上映日程:2週上映 グループA2021/10/15(金)~2021/10/28(木) グループB2021/10/29(金)~2021/11/11(木)

未来世紀ブラジル © 1984 Embassy International Pictures, N.V. © 2002 Monarchy Enterprises S.a.r.l. All rights reserved. 右矢印アイコン映画.com作品情報
原題 BRAZIL
製作国 イギリス
ジャンル SF
本国公開年 1985年
カラー カラー
上映時間 142分
監督 テリー・ギリアム
出演者 ジョナサン・プライス
ロバート・デ・ニーロ
キム・グライスト
受賞歴 --
映倫区分 G ※

解説

鬼才ギリアムが情報管理社会の狂気と悪夢を幻想的に描いたディストピアSF。暗黒の未来社会を題材にした代表的文学にジョージ・オーウェル著「1984年」(1949年刊)があるが、ギリアムはこの作品を“1984年版の「1984年」”と称したという。富と権力の象徴たる巨大ダクト、大量のパイプやチューブが溢れかえったセットが異様極まりない。

物語

20世紀のどこかの国。情報省に勤めるサム(ジョナサン・プライス)は、天翔ける騎士となって囚われの美女を救う夢想をしては、日々のストレスから逃避していた。ある日、情報剥奪局で叩き潰された虫の死骸による印字ミスが発生。善良な靴職人バトル氏がテロリストのタトル(ロバート・デ・ニーロ)と間違われ誤認逮捕されてしまう。バトル夫人の元を訪れたサムは、そこで夢に見る女性そっくりのジル(キム・グライスト)と出会い―。

こぼれ話

パイプとダクトが乱立する暗黒社会の美術を担当したのがノーマン・ガーウッド。テリー・ギリアム監督の前作『バンデットQ』(81)では美術監督を務めていたが、プロダクション・デザイナーに昇格したこの作品でアカデミー賞に初ノミネート。その手腕により本作は『ブレードランナー』(82)と並ぶ、80年代ディストピアSFを代表する作品となった。その後、『グローリー』(89)とスピルバーグ監督の『フック』(91)でもオスカー候補となっている。

!アイコン上映スケジュールの変更・休止などがある場合がございます。詳細は各劇場公式サイトでご確認いただくか、劇場まで直接お問い合わせください。

※G:年齢にかかわらずどなたでもご覧になれます。
※PG12:12歳未満(小学生以下)の方は、親又は保護者の助言・指導が必要です。
※R15+:15歳以上の方がご覧になれます。
※R18+:18歳以上の方がご覧になれます。