Twitterアイコン facebookアイコン

作品詳細

アポロ13

地球から33万キロ。絶望的なミッションの全貌を描いた奇跡の実話

上映日程:2週上映 グループA2022/06/10(金)~2022/06/23(木) グループB2022/06/24(金)~2022/07/07(木)

アポロ13 © 1995 Universal City Studios LLC. All Rights Reserved. 映画.com作品情報
原題 APOLLO 13
製作国 アメリカ
ジャンル ドラマ
製作年 1995年
カラー カラー
スクリーンサイズ シネスコ
上映時間 140分
監督 ロン・ハワード
出演者 トム・ハンクス
ケヴィン・ベーコン
ビル・パクストン
エド・ハリス
受賞歴 アカデミー賞 音響賞、アカデミー賞 編集賞
映倫区分 -- ※

解説

【アポロ計画】は、アメリカ航空宇宙局(NASA)による人類初の月への有人宇宙飛行計画。1969年のアポロ11号から1972年のアポロ17号まで計6回の月面着陸に成功したが、唯一の失敗がアポロ13号だった。地球から33万キロの宇宙で発生した絶体絶命の危機を描き、アカデミー賞では作品賞ほか9部門でノミネートされ、編集賞と音響賞を受賞。

物語

アポロ14号に搭乗予定だった宇宙飛行士ジム・ラヴェル(トム・ハンクス)は、急遽13号の船長として、フレッド・ヘイズ(ビル・パクストン)とジャック・スワイガート(ケヴィン・ベーコン)とチームを組むことに。1970年 4月11日、アポロ13号は月に向かって飛び立ったが、軌道途中で酸素タンクが突如爆発。絶望的な状況下、ヒューストン管制センターでは飛行主任ジーン・クランツ(エド・ハリス)を中心に必死の救出作戦が展開されていく―。

こぼれ話

本作から3年後、ロン・ハワード監督は、アポロ計画の全貌を描いた全12話のTVミニ・シリーズ「人類、月に立つ」(98)を製作した。トム・ハンクスも総指揮と進行役、第1話の監督を兼任している。原作は翻訳が出ているアンドリュー・チェイキン著の同名書で、日本ではNHK-BSでオンエアされた。『プラダを着た悪魔』のデヴィッド・フランケル、『ターミネーター3』のジョナサン・モストウら10人が監督を務め、アポロ計画をさまざまな角度から描いている。

上映開始時間は午前10時以外の場合がございます。また、上映スケジュールの変更・休止などがある場合がございます。上映開始時間と料金は各劇場に確認をお願いします。

※G:年齢にかかわらずどなたでもご覧になれます。
※PG12:12歳未満(小学生以下)の方は、親又は保護者の助言・指導が必要です。
※R15+:15歳以上の方がご覧になれます。
※R18+:18歳以上の方がご覧になれます。