Twitterアイコン facebookアイコン

作品詳細

いつも2人で

結婚12年目を迎えた夫婦の旅。倦怠期の妻を演じたオードリーの意欲作

上映日程:2週上映 グループA2022/04/29(金)~2022/05/12(木) グループB2022/04/29(金)~2022/05/12(木)

いつも2人で Images courtesy of Park Circus/Walt Disney Studios 映画.com作品情報
原題 TWO FOR THE ROAD
製作国 アメリカ
ジャンル ロマンス
製作年 1967年
カラー カラー
スクリーンサイズ シネスコ
上映時間 112分
監督 スタンリー・ドーネン
出演者 オードリー・ヘプバーン
アルバート・フィニー
ウィリアム・ダニエルズ
受賞歴 --
映倫区分 G ※
備考 4K

解説

『パリの恋人』『シャレード』の名コンビ、オードリー・ヘプバーンとスタンリー・ドーネン監督が三度タッグを組んだ大人のラブ・ロマンスであり、オードリーが倦怠期の妻というそれまで演じたことのない役に挑戦した意欲作。夫婦の過去の記憶と現在の姿をフラッシュバックで交錯させた脚本は、アカデミー賞候補になった。

物語

裕福な建築家マーク(アルバート・フィニー)と妻のジョアンナ(オードリー・ヘプバーン)は、南仏サントロペに向かってドライブを続けていた。永遠の愛を誓ったはずの2人はしかし、今夫婦の危機にさしかかっていた…夫は秘かに浮気をしているらしい。かつて同じ道を旅したことを思い出し、2人は過去の記憶を紐解き始める―。一番古い記憶は、一人旅をしていたマークが、少女合唱団の一員だったジョアンナに出会った時のことだった―。

こぼれ話

スタンリー・ドーネン監督がジョアンナ役に唯一イメージしたのがオードリーだった。だが、あらすじを読み、時系列を行き来する内容が気に入らなかった彼女は出演を辞退。諦めきれないドーネンが再度完成台本を送ったところ、オードリーは出演を承諾した。この作品でオードリーはトレードマークのジバンシィのドレスを着ていないが、ジョアンナの役は、普通の店で買えるような服を着なければならない、とドーネンが主張したからだった。

上映開始時間は午前10時以外の場合がございます。また、上映スケジュールの変更・休止などがある場合がございます。上映開始時間と料金は各劇場に確認をお願いします。

※G:年齢にかかわらずどなたでもご覧になれます。
※PG12:12歳未満(小学生以下)の方は、親又は保護者の助言・指導が必要です。
※R15+:15歳以上の方がご覧になれます。
※R18+:18歳以上の方がご覧になれます。