Twitterアイコン facebookアイコン

作品詳細

(阪東妻三郎版)無法松の一生 <4Kデジタル修復版> +解説付き短編上映あり

不世出の大スター、“バンツマ”の代表作。戦中映画史上屈指の名作

上映日程:1週上映 グループA2023/03/10(金)~2023/03/16(木) グループB2023/03/10(金)~2023/03/16(木)

(阪東妻三郎版)無法松の一生 <4Kデジタル修復版> +解説付き短編上映あり ©KADOKAWA1943 映画.com作品情報
かな --
製作国 日本
ジャンル ドラマ
製作年 1943年
カラー モノクロ
スクリーンサイズ 1.85:1(FLAT)
上映時間 80分
監督 稲垣浩
出演者 阪東妻三郎
月形龍之介
永田靖
園井恵子
沢村アキオ(長門裕之)
杉狂児
受賞歴 --
映倫区分 -- ※
備考 4K

解説

戦前から戦後にかけての大スター、「阪妻(バンツマ)」こと阪東妻三郎主演、伊丹万作が脚色、伊丹の盟友・稲垣浩が監督した人力車夫の一代記。戦時中に公開されて大ヒットした日本映画史上屈指の名篇で、後に『羅生門』『雨月物語』などの傑作を手掛ける名カメラマン、宮川一夫が挑んだオーヴァーラップ撮影は、今観ても画期的。

物語

日露戦争が終わったばかりの九州・小倉。喧嘩っ早いが根は一本気な富島松五郎(阪東妻三郎)は、仲間から〈無法松〉と呼ばれる名物車夫だった。ある日、怪我をした陸軍大尉・吉岡の息子、敏雄(沢村アキオ/長門裕之)を助けた松五郎は、吉岡家に出入りするようになる。その後、大尉が急逝してからというもの、松五郎は、吉岡家の未亡人よし子(園井恵子)と敏雄に対して献身的に尽くし始める。美しい未亡人への恋心を胸の内に秘めながら―。
※同時上映:短編ドキュメント『ウィール・オブ・フェイト~映画『無法松の一生』をめぐる数奇な運命~』(20分)

こぼれ話

吉岡夫人を演じたのは園井恵子。1913年(大正2年)岩手県生まれ。1930年に宝塚少女歌劇に入団。幅広い役柄を演じ、1938年からは映画にも出演。1942年、宝塚退団後は新劇女優に転向。本作への出演は、候補になっていた女優が妊娠したためのピンチヒッターだったが、映画の大ヒットによりその名は一躍全国に知れ渡った。1945年8月6日、当時所属していた移動劇団「桜隊」の活動拠点だった広島市で原子爆弾投下に遭い、同月21日に32才で死去した。

上映開始時間は午前10時以外の場合がございます。また、上映スケジュールの変更・休止などがある場合がございます。上映開始時間と料金は各劇場に確認をお願いします。

※G:年齢にかかわらずどなたでもご覧になれます。
※PG12:12歳未満(小学生以下)の方は、親又は保護者の助言・指導が必要です。
※R15+:15歳以上の方がご覧になれます。
※R18+:18歳以上の方がご覧になれます。