Twitterアイコン facebookアイコン

作品詳細

バベットの晩餐会

20世紀デンマークを代表する作家I・ディネーセン原作の文芸ドラマ

上映日程:2週上映 グループA2024/01/19(金)~2024/02/01(木) グループB2024/01/05(金)~2024/01/18(木)

バベットの晩餐会 © Astrablu Media, Inc. All Rights Reserved. 映画.com作品情報
原題 BABETTES GÆSTEBUD
製作国 デンマーク
ジャンル ドラマ
製作年 1987年
カラー カラー
スクリーンサイズ ビスタ
上映時間 103分
監督 ガブリエル・アクセル
出演者 ステファーヌ・オードラン
ビルギッテ・フェダースピール
ボディル・キュア
受賞歴 アカデミー賞 外国語映画賞
映倫区分 G ※

解説

アカデミー賞・外国語映画賞を受賞した文芸ドラマ。原作は『愛と哀しみの果て』の作者としても知られるデンマークの作家アイザック・ディネーセン。見どころは何といっても豪勢極まりないフランス料理のフルコース。次々と出される美味しそうな料理の数々は、目を楽しませるだけでなく、大勢で食卓を囲むことの幸せを実感させる。

物語

19世紀末、デンマークの小さな漁村。牧師の娘マーチーネ(ビルギッテ・フェダースピール)とフィリパ(ボディル・キュア)は、厳格な父の教えを守り、結婚もせず、清貧のまま年老いていた。そんなある日、フランスから亡命してきたバベット(ステファーヌ・オードラン)が家政婦として働くことに。老姉妹は亡き父の生誕100年記念の晩餐会に村人を招くことを計画するが、そんな折、バベットに1万フランの宝くじが当たったという知らせが届く。

こぼれ話

初公開時のチラシ裏面にはバベットが用意する晩餐会のメニューが紹介されている。「海ガメのスープ」「ロシア産キャビアのドミドフ風」「ウズラのパイケース詰めソースペリグルディーヌ」「サラダ」「チーズ」「ラム酒入りババ」と記されており、合わせるワインは、食前酒の「アモンティヤード・シェリー」から「ヴーヴクリコ・ボンサルダン」「クロ・ド・ヴージョ」「ハイン・コニャック」と続く。どんな料理かは映画を観てのお楽しみ。

上映開始時間は午前10時以外の場合がございます。また、上映スケジュールの変更・休止などがある場合がございます。上映開始時間と料金は各劇場に確認をお願いします。

※G:年齢にかかわらずどなたでもご覧になれます。
※PG12:12歳未満(小学生以下)の方は、親又は保護者の助言・指導が必要です。
※R15+:15歳以上の方がご覧になれます。
※R18+:18歳以上の方がご覧になれます。